マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

じぶんの一生。ひとの尽くすか、じぶんに尽くすか。

記事を書いた人:まえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20171030174544j:image
f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

まえ(@dashchan8318)です。

「人のために何ができるか」って、結構難しい問題です。

 

例えば、「ひとに喜ばれることをしよう!」って幼稚園の頃に教わって、大人になるころには「認めてもらえるようなことをしようぜ!」的なオッサン理論に切り替わるわけですが。

こういう経験を持つ人は多いと思いますが、よくよく考えると、「じゃあじぶんの幸せは?」って、じぶんの人生のことを後手後手にする人も同じくらい多いと思うんです。

 

相手があなたにしてほしいことがあって、自分がしたいことがあって。

さて、質問。

 

あなたはじぶんの希望と相手の願い、どちらを優先する?

 

じぶんのスペック以上のことは誰にもできない

相手があなたにしてほしいことがあって、自分がしたいことがあって。

さて、どっちを優先するか。

この質問は常にその場対応なんでしょうけど、ぼくは「じぶんに出来ること」を常に考えてから行動してます。

 

じぶんに出来ることが何かって?

それはじぶんのスキル的な話でもあり、じぶんに抱え込める上限的な話でもあります。

 

例えば、仕事やバイトでの話。

「あれやれよ!」とか、「なんでできないんだよ!」みたいな感じで、同僚、上司、お客さんにド叱られること、皆さんだって多いでしょう。

で、「なんでできないんだ!」と言われても、ぼくは大体「経験足りないんだから対応できないよ!」と、心の中で言い訳してて。たまに暴発して口にも出ます。

でも、出来ないものは出来ないってのが当たり前。

開き直れば良いんです。

 

そんなわけで、上の「ひとの尽くすか、じぶんに尽くすか」問題。

ぼくは「じぶんに出来る範囲で全力を尽くし、範囲外のことは無理」と言いきる。

んでもって、そのラインを分かりやすくするように努めると。

あくまでじぶんに出来ることは、そのライン(受け持てる範囲)を広げる努力を続けることだけでしょうから。

 

超分かりやすい例で言うなら、

「交番の前を全裸で駆け抜けてください!後で結婚するから!」

なんてのを美女に言われたとしても、ケツ丸出しで気分爽快したって、後でフル〇ン逮捕なんて絶対ゴメンです。

そもそも、そのスキルも勇気もない。

 

反面、じぶんがやりたいと思うことを通して、他人に役立てたら?

これこそ、全力でやりたい。

 

例えば、フリーランスなじぶんがゼロからライター転職が出来れば、それも1つの経験になるだろうし、「アホが1人、ゼロから正社員になれた」と言う実績も作れる。

こういう実績作りは本当に大好きだし、価値ある情報だとも思うので、ぜひ挑戦していきたい。

 

そう言うじぶんの関わりたい関わりたくないで、ぼくは尽くし方を選んでます。はい。

 

もし仮に「相手にすべてを尽くしてこそ人情だ!」とか叫ぶオッサンが居るようなら、その人は会社のお人形さん同然なわけで。

じぶんの意思なく働く人は、勝手に動いてくれる自動人形と大差ないわけですから。

そう言う人形は、電池のようにいくらでも交換可能。

 

でも、価値ある人生を送りたいなら。

じぶんにとって、楽しいことをしたいなら。

ならばこそ、じぶんの気持ちやスキルで、尽くし方を決めるべきじゃないでしょうか?

 

ぼくは、人だからこそ、じぶん優先で考えて良いと思います。

そんでもって、じぶんの出来ることで5年でも10年でも尽くし続ければ、必ずあなたを支援してくれる人は現れるでしょうから。

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。