マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

「命」と「お金」の掛け合わせは汚いとかなんで?

記事を書いた人:まえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20171106130425j:image

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

まえ(@dashchan8318)です。

「命」と「お金」の掛け合わせって、そこまで難しいボーダーじゃない気がします。

 

当ブログで触れるのがかなり遅くなりましたが、先日「クラウド出産クラファン」の話を聞いて、「じぶんにはできないことをチャレンジしてる。素晴らしい!」と思いました。これガチです。

参考:このプロジェクトどう思う?クラウドファンディングの下書きを公開します | でこぼこあーと

 

なにせ、伴侶を見つけ、子供が生まれようとしている。

ここにたどり着けた人が少ないでしょうし、かつ、これから生まれる命のために、できることをやろうとしている。

単にこの場合、挑戦者のナオキイシイさんがクラウドファンディングと言う手段をとったに過ぎないわけで、出産クラウドファンディングも、ほかの人が「借金してでも子供を産みたい」と思うところを、クラファンにしたにすぎないのだ。

 

(今は金欠なのでわずかしか支援はできないけど)個人的には、ぜひ子供さんのためにも成し遂げてほしいと思う企画である。

 

しかし、こういう問題が起こったので、ふと考えさせられた。

「命」と「お金」の掛け合わせが、なぜ汚く見えてしまうのだろうと。

 

「お金」=「汚い」とか言う人は本当に意味不明

まあ、成功するわけが無かったのだけど、ぼくも以前「彼女を作りたいから支援してくれ!」と言う企画をやったことがある。

で、その時の反省そのものは、信頼づくり不足だったり、やる気が不十分だったりとあるわけなのだけど、そんな企画への反論のコメントがこんな感じだったのを、わりと覚えている。

 

  • 稼げば済むだろうが。死ぬ気で働け。
  • 他人のお金で頑張ろうなんて都合が良すぎる。

 

加えて、上の出産クラウドファンディングへのコメントを見て、個人的にキレかけたのがコレ。

 

「生まれた赤ちゃんが、ほかの人のお金で生まれたなんて知ったらかわいそう」

 

今思うと、全部、「は?」みたいな。

そんなこと言ったら、お年玉やご祝儀、給料、その他お小遣いをもらった人は全滅じゃないか。子供の頃とか「はいお年玉!」と言われたら喜んだだろうに、「勝手に貰ったお金」が「意図的に集めたお金」に変わっただけで汚くなる?

じぶんの状況、キチンと考えなおそうよと、声を出して言いたくなった。

 

今回の一件だって、「生まれる命を育てるために出来ることをやりたい」と思ってのクラウドファンディングのはずだ。赤ちゃんのためにできることをやろうとすることの何が悪いのか、ぼくには全然分からない。

 

会社で働いた分の給料は喜んで貰うのに、副業や企画など、ほかの場所から資金調達した人は全員悪いみたいなイメージは多いけど。

そんなことを言う人は、「金儲けは汚い!」と言って何も調べないだけのアホなのだ。

仕事先でも「じぶんで調べろ!」って怒られるでしょ?あれと一緒。

 

上の「赤ちゃんが可哀そう発言」だってそうだけど、この人がクラウドファンディングについて全然知らないのは目に見えた。

そもそも支援とは、お互いの合意の上で成り立つ代物だ。クラウドファンディングの仕組みが出来上がった当時から、この「支援」の形はキチンと守られている。

 

掲載主が「こんなお仕事できるので、支援してください!」とラインを決め、支援側が「じゃあ言ったことこなしてね」と言って、仕事をこなした以上は、このやり取りもお終い。これが支援だ。

もちろん、支援してくれた感謝は一生レベルのものなのだけど、汚いお金は「約束を果たさないで得たお金」の方だ。

約束を果たして得たお金=仕事を適切にこなして得た給料に、何の問題があるのだろうか?

 

そんなこと言ったら、会社だって資金調達するために、仕事こなしてお金集めるし。

そんな会社で働く人は、結果的に「色んな場所からお金を貰っている」のと変わりはない。

お金って、必要だから集めるんじゃないの?食費とか、生活費とか、税金とかの支払いに、どうしても必要だから、「お金が汚い」と言う人も頑張るんでしょ?

 

こんな個人節約文化も、戦時中の一言「欲張りません。勝つまでは」から続いた節約意識の延長線上でしかない。もし本当にお金が汚いと思うなら、山奥に潜んで狩りなり農作業なりに勤しんで、言葉通り「汚いお金にこだわらない」生活を過ごしていただきたい。

「いやー、お金って汚いけどさ、人間誰だって欲張りたいし、方便だよ?ね?」と言い返すのが、この意味不明な論理を語る人たちの限界だろう。

こういう大人を「汚い」と言うのだろうに。

 

むしろ。

救える命、生まれる命のために頑張ることの何が悪い。

大事なのは方法じゃなくて、達成させることだ。

命が生まれるタイミングは決まっている。なら、出来ることはすべてやりたい。

 

「お金は汚い」とか言う意味不明な大人が増えることを若干うんざりしつつ。

とりあえず、新しい命を恵もうとする人たちの方を、言葉だけでも応援したくなりました。

 

ナオキイシイさん、ぜひ頑張ってください。

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。