マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

簡単に人生を幸せに出来る!?成功者が1秒で始める習慣3つ!

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20171129215550p:plain

突然ですが。

 

皆さん、幸せに生きてますか?

 

「幸せなわけねぇよ!」って答えられるかもしれませんし。

頭おかしいのかと、総スカンを食らうかもしれません。

 

でも、ぼくは幸せです。

最近ドンドン幸せになりつつあります。

 

何故かって、

じぶんでそう言う風にすると決めているから。

 

「幸せになるって決めたから」。

そう言う言葉が言えるからこそ、人は幸せになれると言えます。

今回は、なぜそんなことが言えるのかを書いてみました。

 

成功する人は何がしたいか明確だ

「成功」ってなんだろう?

「幸せ」ってなんだろう?

ひとが60億と地球上に居れば、「幸せになるため」のゴールなんてのは星の数だけ出てきます。「幸せ」なんてのが、お金が沢山、グータラ生活、ストレスフリー、バイキングし放題、性欲ダラダラ、それ以外のこと全てだとしたら、アンケートなんてしてたら、もう追求なんてできっこないくらいあります。。

 

そんなわけで、「幸せ」をこう結論付けてみて、結構しっくりくるようになりました。

 

幸せとは、「あなたが良しと思ったこと」。

つまり、「あなたにしか決められないこと」、と言うわけです。

 

そんなわけで、幸せになりたい人はみんな、「幸せ」と言う名のマラソンを走っているに過ぎないんですよ。

だからこそ、

  • 幸せマラソンのコースをじぶんで決める
  • 幸せマラソンの地図確認をキッチリする
  • 幸せマラソンのゴールをじぶんできめる

この3つを守るだけで、「幸せ」なんてのはどんどん形になります。

何故言い切れるか?ぼくはもう、じぶんで実践してますから。

 

成功してる人が幸せのためにしてること3つ

f:id:dashchan8318:20161223140254j:plain

上で幸せマラソンなんて書いたが、これには一応きちんとした根拠があります。

たとえばぼくの場合、こんな感じでした。

  1. フリーランス業界と言う訳の分からない業界に足を踏み入れた(コース未確認)
  2. どの方向で稼ぎ、特技を活かすか明確に決めていなかった(地図未確認)
  3. どこに向かいたいのか正直分かっていなかった(ゴール未確認)

コレでいて「幸せ目指してます!」と言っていた当時のじぶんを真っ向からぶん殴りたいわけですけど、要は何も決めずに会社辞めて、フリーランスになったわけです。

 

マラソンなんてそうですけど、「どこへどれくらい走ればゴールなの?」ってのが分からないと、そもそもレースにならない。何に向かって走れば「目標達成」で幸せなのか、キチンと定かにしないとが全く分からないんです。

 

だからこそ、Twitterでよく聞くこれらが、本当に重要になってきます。

 

  1. 直感で善し悪しを判断している(コース確認)
  2. PDCA(セルフチェック)を週2ペースでやってる(地図確認)
  3. イメージを形にしてる(ゴール確認)

 

 

この3つの習慣が大事になってくるんです。

これが、この記事を書く時に書こうと思った答え。

 

コレが定かになるだけで、ドンドン心が満たされるようになりました。

  • じぶんがどこの業界であれば全力出せるかを見直す(コース確認)
  • 成果の出ない道は切り落とすようセルフチェック(地図確認)
  • 「スキルがたまるまで実績を確実に積みたい」とゴールを明確にする(ゴール確認)

 

ぼくの最近の就職活動も、けっきょくそんな選択肢の先にあったわけです。

で、結果、仕事も(とりあえず)見つけられ、遅れて入った身なりに、スキルも劣らずになんとかついていけている気がするかなと。

 

  1. 直感で善し悪しを判断している(コース確認)
  2. PDCA(セルフチェック)を週2ペースでやってる(地図確認)
  3. イメージを形にしてる(ゴール確認)

 

この3つは本当に重要で、大体の場合「仕事なんて善し悪しじゃねぇ!やるかやらないかだ!」なんて言う人から、キレまくって不満足な日常を繰り返している気がします。

 

なら、何をすればよくて、じぶんがどう進みたいかを直感に従ってみる。

 

それだけでも、幸せに向かって進めるはずです。

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。