マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

コミックマーケット徹夜組って何?27歳おっさんが突撃してみた!

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20180101162747j:plain



f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
だちまえ

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

2017年末は実家に帰らなかったので、暇でした。

 

いきなりですが、皆さん。

 

コミケの徹夜組がどうなってるか、気になりませんか?

 

ぼくは気になります。

(と言うか上記の通り、行くところが無くて暇でしたので)

 

1975年から長らく続く同人誌の聖地『コミックマーケット』。

近年では展示スペース『東京ビッグサイト』で夏のお盆と冬の年末、2回に分けて展示されています。

 

そんなイベントですが、毎年50万人も来るお祭り騒ぎなため。

ダメって言われても、参加したくなる人、多いんですよね。

 

その徹夜組は何人いるのか?

どう待機してるのか?

どんな苦労があるのか?

 

そんなところが気になったので、フラッとコミケの徹夜に参加してみました!

 

コミケ徹夜組の流れ

と言うわけで、コミケ徹夜組の一連の流れを時間ごとにまとめてみました。

一応言っておきますが、徹夜待機は近隣の方や商業施設に迷惑を掛けるため、公式にOKが出てはいないことをお忘れなく。

スタッフさんや警備さんの誘導があるのは、それでもなお5万人レベルで東京ビッグサイトを取り囲んで徹夜する人が多いためですし。

今回の体当たり体験も、そんな徹夜組の現状をまとめたくて書いたものです。

 

夕方6時:並ぶ人はこの時点で並ぶらしい

徹夜は夜から始めればいい?オタクを舐めてはいけない。

並ぶ人は夕方から翌日の列先頭を狙い始めます。

 

コミケは3日間行われるので、初日に並ぶならコミケで宿泊もせず徹夜して。

2日目も3日目も、前日のイベントが終わり次第、「恐らくココだろうな」と言う予想で、折り畳み椅子を広げて待ち始めるのですから。

 

何も知らない人が見たらビックリするでしょうが、オタクの皆さんはこれだけ必死です。

 

深夜10時:筆者現地到着

f:id:dashchan8318:20180101160750j:plain

さて、わたくしが到着したのはちょうどこの頃。

深夜10時と言うそこそこの寒さの深夜です。

当日の温度は5℃しかなく、ぶっちゃけ薄着で歩きでもすれば風邪をひいて帰ることに。

 

f:id:dashchan8318:20180101161143j:plain

その日は12月30日。コミケで言う2日目が終わった後。

ビッグサイトの象徴ともいえる逆三角形の建物の前には誰もおらず、居るのは「深夜の待機列はコチラではありません!」と声掛けする警備員さんのグループくらいでした。

(一応『どこで待機してるか』も説明してましたが、この記事は徹夜を推奨するものでは無いので割愛)

 

深夜11時:徹夜組集合開始

f:id:dashchan8318:20180101161334j:plain

で、上のとおり、「ここらへんに人溜まってますよ!」と言う係員さんの指示に従って。

ビッグサイトの別の建物へ移動。

すると、ある意味予想通りの光景が。

 

f:id:dashchan8318:20180101161455j:plain

やっぱ居る。

既に1000人くらい待機してるよコレ!

既にスタッフさんの誘導も始まっており、11時からしばらくまでこの列で待機することに。

 

しかし、たかだか1000人なんて少なすぎる。

 

f:id:dashchan8318:20180101161749j:plain

「待機列はこちらではございません!これから指示する場所へ移動をお願いします!」

 

そんな掛け声とともに始まるオタクの大移動。

ここら辺はスタッフさんもうまく考えていて、徹夜する人が集まりそうな場所にとりあえず集めた後、時間になったら集める場所に集め始めるらしい。

本当の待機場所を伝えたりバラしたりすると、そのエリアがオタクであふれかえってしまうので、その対策ですね。

 

と言うわけで、2,3回ほど待機場所を変えながら、ビッグサイト周りをぐるぐる回りながら、1時間くらい歩くことになりました。

 

深夜0時:ビッグサイト駐車場へ

f:id:dashchan8318:20180101162502j:plain

さて、1時間くらいビッグサイト周りをぐるぐる回った後、会場の東側にある巨大駐車場がようやく開門。

徹夜組は最終的に、こちら1か所に集められるようです。

 

f:id:dashchan8318:20180101162747j:plain

これでも一部なんですけど、おおよそ4万人ほどがこの時点で待機してました。

その後1時くらいになって、駐車場内を再度移動したときには5万人に増えてました。

つまり、電車等の移動手段が止まった後なので、この5万人ほどが毎年、コミケに向けて徹夜していることが分かります。

 

加えて、後3倍も人数が増えるのだから、確かに徹夜したほうが1時間くらい、早めに会場に入れるのかもしれない。

(毎年毎日15万人前後、3日間で50万人以上集まっていることから推測)

 

深夜3時:列の場所取り完了

深夜3時。2017年の冬は、この段階でいったん列の場所取りが完了しました。

朝の8時半に再度移動するまで、寝るなりトイレなりコンビニなり自由です。

時によっては朝の5時に列の場所取りが完了することもあり、毎年確定する時間も違うようですね。

 

ちなみに、待機してる人の多くは、

  • 友人と合流し話し合ってる
  • 寝袋や毛布を広げて寝てる(当然スペースはキツキツ)
  • 携帯ゲームやってる など

と言う感じでした。

ちなみに、スタッフさんのアナウンスが常時流れているのと、夏は暑く汗臭く、冬は雪山のような気温になるため、なかなか寝れません。

(当日筆者はコートひとつで突撃したため、生きるので精いっぱいですハイ。)

 

f:id:dashchan8318:20180101163615j:plain

ちなみに、列にはこうした札が掛かっており、スタッフさんに必ずこの数字を覚えておくよう告げられます。

本当に親切対応です。

 

この間、コチラのように食事売店が並びます。

コチラとは別に食事スペース(立ち食い。テーブル無し)があったり、トイレ(当然ですが結構汚く暗いです)も沢山あり、「本当に徹夜は非公認なのかなぁ?」と思ったほど。

ちなみに、朝3時くらいまで駐車場から出ることができず、その後はいったん外に出れますが、コンビニが混みます。

どうせ食事を待つなら、あらかじめ持っておいたほうが良いでしょう。

f:id:dashchan8318:20180101163512j:plain

 

また、この辺りからコンビニがガチで込み合い始めます。

で、そこで見たことで、マフラーなりタオルなり、その人の用途次第なんでしょうけど、危ない水着の女の子イラストのタオルをどうどうと人前で羽織るのはいかがなものかと。

 

やっぱり知らない人からしたらビックリしますって。イベントがイベントだからって。

 

早朝4時:始発組合流

さて、朝4時になると(と言うかそれ以前でも到着し次第随時整列してますが)、駐車場外には新しい列が出来始めます。

いわゆる始発組(始発電車で来た人たち)の到着です。

(画像はちと荒いですが、建物側の歩道の人たちですね)

f:id:dashchan8318:20180101164513j:plain

 

こんな列ができる間、特にりんかい線国際展示場駅(一番大きな最寄り駅)がどうなっているかと言えば、こんな感じ。

f:id:dashchan8318:20180101164709j:plain

始発ラッシュ状態。

電車が来るたびに人が走り、改札前は特に込み合いがひどい。

これが朝10時まで続くのだから、ある意味徹夜に意味もあるのかも。

 

ただ、ひとつだけ、ぼく個人的に気になったことが一つ。

f:id:dashchan8318:20180101164936j:plain

壁際に座る人が多すぎる。

この画像はコッソリ撮ったので全体は映してないけど、壁際に座っている人が見えるように、駅内には壁際に座る人であふれていた。

君ら大半が20代以上だよねと。

もうちょっとモラルを考えても良いのでは?

 

早朝5時:辺りは大変なことに

f:id:dashchan8318:20180101165304j:plain

朝5時にもなると、辺りは本当に大変なことに。

道は埋まり、熱気が上がり、騒ぎも増す。 

スタッフさんも大忙しだ。

 

この人たちは全員先ほどの駐車場を目指し、スタッフの誘導に従って歩いていくのですよ。

やっぱすごいよコミケ

ぱねぇっす。

 

このままその日の朝10時に開場するまで、コミケ中はずっとこんな感じになるのです。

 

早朝6時:筆者引き上げ

f:id:dashchan8318:20180101165531j:plain

さて、この時間になると、筆者の身体にも異変が出始めます。

風邪ですよ。

咳が止まりません。

 

本当は朝10時まで待機したかったのですが、健康第一

あと、今回の記事も徹夜の現実を突き止めたかったので、目的を果たしたと言うことで引き上げました。

 

少なくともこの段階で、徹夜はやっぱりキツイことを思い知りました。

 

コミケQ&A

さて、単にコミケの徹夜を楽しんで帰るだけでは面白味が無いので、隣に並んでいた20代男性にインタビューをお願いし、Q&A作成にご協力いただきました。

(ちなみにコミケには数回参加し、徹夜も経験済み)

 

 

Q:前日のコミケが終わったら並び始める人も居る?

A:居るでしょうね。同人誌も数量限定なので、先頭に並ばないと買えないんですよ。

 

Q:徹夜するとどれだけ早く入れる?

A:確証は無いですけど、1時間くらいは変わるでしょうね。10時に開場して、11時や12時にようやく入れるなんてこともよくありますし。

 

Q:皆さんの予算って大体どれくらいですか?

A:大体10万円くらいですかね。同人誌は1冊500円ほどで買えても、企業ブースで単品1万円と言う商品も結構ありますし。持ってくる人は20万円、50万円と持ってくるという話も聞いたことあります。(企業のセット品全購入のため)

あと、予定してたもの以外も買いたいなってこともかなりありますし。

 

Q:どんな同人誌が売られるかはどう調べる?

A:企業品は各ホームページ、同人誌はそれぞれのサークルのTwitterで告知してるので、それらをチェックしてますね。

 

 

Q:コミケって1日目~3日目でどんなジャンルの商品を販売してる?

A:大体初日は全年齢向けのオープンな商品、2日目は女性向け(エロ)、3日目は男性向け(エロ)が多いですね。

 

Q:夜行バスなどの移動サービスはある?

A:聞いたことが無いですね。大きなイベントなので警備員さん・スタッフさんも動きますが、お客さんはそれぞれ別々で来てると思います。

 

Q:スタッフってボランティア?

A:全員無償のボランティアですね。色々ルールや参加条件があるのですが、調べると応募方法はネットに載ってます。

参考:コミケ スタッフ参加について、公式ではスタッフ募集をしていない... - Yahoo!知恵袋

 

徹夜も本来ダメ。あくまでスタッフによりトラブル無しに抑えられてるだけ

で、一応書いておくと、徹夜も本来ダメ

これは警察がどうこうと言うことではなく、近隣の方に迷惑を掛けてしまう、と言うことに基づいてです。

客観的に見ると、食事が買えたり、ダメだと言い切れない警備側の責任のようにも感じますが、それでもスタッフさんによる努力によりトラブルが無い状態に抑えられています。

 

特に挙げられるスタッフさんの努力として、

  1. 列誘導の上手さ(うまくまとめないとガチで近隣に迷惑になる)
  2. 休憩の少なさ(12時間まるまる開場時間まで管理するため)
  3. 気温との戦い(夏は暑く冬は寒い)

と言う3つはあるでしょう。

それに、コミケでよくあるんだなと感じたスリや置き引き

実際、2017年のコミケで初の逮捕者が出たり、警戒してても荷物が無くなったり、と言うトラブルはあったようです。

headlines.yahoo.co.jp

 

ここら辺は参加者側の一部モラルの低さのようにも感じます。

りんかい線の改札ダッシュだって、あれはガチでダメだと思いますし。ケガの元です。コミケが終わっていいなら話は別ですけど。

 

もちろん、徹夜を廃止したら、始発時のラッシュが悪化したり、参加者が激減したりする可能性もあるので、このようなトラブルとどう向き合うかは運営サイドの今後の考え方だとして。

少なくとも、運営サイドによる努力があって、徹夜もトラブルが無い状態に抑えられているだけだと言うことを忘れないでおくと良いでしょう。

(裏を返せば、いつだってトラブルは起きると言うことです。現に起きてますし)

 

で、最後に暴言を吐くなら、

「スタッフが管理してるなら徹夜しても良いんじゃない?」

「伝統だし改札ダッシュしても良いでしょ?」

「みんながやってるし路上に居座ったり町中で着替えても良いでしょ?」

と言う考え方は、さすがに大人としてレベルが低い。

現にオタクが気持ち悪いと思われる要素の一部も、こんな徹夜行為から来ているところもあるのでしょうから。

 

※記載の必要があるとして、1/2に追記。

 

 

まとめ

以上、初のコミケ徹夜に参加して思ったことでした。

結論として以下のことが言えるのでしょうが、やっぱり健康的にもトラブル的にも徹夜はぼく個人として推奨しないですし、マナーを忘れがちな人も多いなと感じた次第です。

  • 徹夜した方が約60分は早く会場に入れる。が、始発で来てもそこそこ早く入れそう
  • スタッフさんの労力がマジでスゴイ(しかもそれでいて無給)
  • マナーはもうマジでキッチリしよう(駅での座り込み、ダッシュなど)

あと、個人的な想いとして、

冬とかガチで風邪ひきます。

夏だって臭いはひどいでしょうし、熱中症もあり得ます。

健康を害してまで徹夜はやるもんじゃないです。

 

では!

 

 

 

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。