マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

食べたら歩けば良いは本当だった!?久しぶりに大食いして検証してみた

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20171128211351p:plain

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
だちまえ

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

 

突然ですが、

「食ったらもう太るしかない!」

と、体重の増加を仕方ないものだと思っていませんか?

 

結論から言うと、食事の後の運動で、食べた分を帳消しにするのは全然可能です!

と言うか、食べた時点で痩せられないと諦めるから、太るのを諦めるしかないのですよ!

 

ぼくも某カレーのチェーン店でご飯700gたっぷり食ったあとで運動しなかった結果、1kgが5kg、5kgが10kgと、どんどん太っていくのを眺めているしかありませんでした。

でも、すぐに動けばある程度は帳消しにできるんですよ!

 

なんでそんなことが分かるのかって?

このまえガッツリカレーと食って実験してきましたから。

 

今回は、そんな予防ダイエットのお話です。

 

食ったら歩け!

f:id:dashchan8318:20180105202028p:plain

さて、これはわたくしが「お腹空いたな~」と、ダイエット中にも関わらず、ガッツリカレーを食ってしまったお話。

やっぱり時には空腹を解消したいときはあるのですよ。

 

そんなとき、ゴリラの絵が書かれたカレー屋さんを見つけました。

そう、ゴーゴーカレーです。

 

www.gogocurry.com

首都圏に多いんですけど、あのルーの濃さとトッピングの多さはいつになっても忘れられない!

しかも1000円でかっつり食べれる。

胃袋をとにかくおいしさで満たしたいときは本気でお勧め!

 

で、ふとビジネスクラスっていう量のカレーを食べたんです。

ご飯は量にして500g。ご飯じゃわん3杯分くらい。

 

するとね、トッピング込みで、

1500kcal

って言う。

1日に食べて良い量をデスクワークの人の基礎代謝の2000kcalとすると、おおよそ食べて良い量の4分の3です。

 それなのに、その時既に800kcalと私は食べていた!

 

と言うことは、2300kcal。

ふーん、300kcal分太るのか…

 

f:id:dashchan8318:20161223140302j:plain

I am DEBU!

なんてこった!また太っちまうよ!

 

そんな危機感にのまれたぼくは、とりあえず歩くことにしました。

 

仮にこの1500kcalを1食分の600kcalに減らすには、おおよそ900kcal分を減らせばいいという計算。

ってことは、デブは1時間歩けば300kcalくらいは燃やせるから…

 

3時間歩けば良いのか。

 

そんな結論に行きついたので、とりあえず良く知る池袋から渋谷と言う距離を、一部折り返しを含めて10kmは歩いたかなと。

 

そりゃあ、大変でしたよ。

急にトイレ行きたくても見つからないし、何も食べれないし飲めないし、おまけにデブ特有の股ズレ(股間をすりまくって化膿するやつ)だって起こっていたかもしれないし。

 

で、そうやって無理やり900kcalを消費しきりました。

やったね。

 

その結果。

 

カレー食った当日:91.6kg

カレー食った翌日:91.5kg

 

0.1kg痩せたぜ!(やったね!)

ちなみに計算にもきちんと沿っていて、1kg痩せるのに必要な7000kcalの一部、700kcalをキチンと痩せれるよう計算済み。

700kcalを痩せれば0.1kg痩せる計算で、キッチリ0.1kg痩せました。

我ながら見事なものです。

 

まとめ

以上、片手間に書いた最近の出来事でした。

今回の一件で思ったのは、デブになってしまうのがさだめだと諦めるな!と言うこと。

極論を言うなら、1500kcalのものを食ってしまったら、1500kcal分を歩けばいいのですから。

ちなみにぼくがそれをしようと思うと5時間歩かないと達成できない。

食事を制限したほうがいかに簡単か、若干は伝わるかなと思います。

 

さて、わたくしもそろそろブログを書き終えて帰ろうと思いますが…

 

(店員:カレーをご注文の方~!お待たせしました~)

(ぼく:あ、そう言えば頼んでた…)

f:id:dashchan8318:20180105202028p:plain

(ぼく:歩けばいいか…

 

と言う風になったら本末転倒なのでご注意を!

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。