マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

ダイエットの恐怖!?10㎏以上のダイエットに成功した先にあるのはコレだ!

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20180107111846p:plain



f:id:dashchan8318:20180107112000j:plain
だちまえ

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

いやー、この記事書くまでに3kgくらい痩せてます!(やったぜ!)

 

とまあ、喜びにあふれているところですが。

ココで皆さん、

「ダイエットに成功した後の恐怖」

をご存知ですか?

 

 これ自体はダイエット前は一切気付かないことですが。

今回のような出来事が起きると分かっていないと、刑事責任に問われてしまうかもしれないのです!

「やばっ!」っと思った方は、今回の記事こそが役に立つでしょう。

なにせ、この記事はぼくがそうなりかけた経験談と実体験です。

 

そんなダイエット中に一番注意しないといけないことをお送りします!

 

 

とりあえずズボンやパンツが脱げる

f:id:dashchan8318:20180111215105p:plain

その恐怖とは、

「パンツとズボンが痩せすぎで脱げる」

と言うことです。

バカには出来ませんよ!?

ふと街中でズボンが脱げれば、公然わいせつですからね!

で、この体形の変化の目安が10kgのダイエットと言うわけです。

ぼくの体験談ですが、ズボンの中でパンツがズレるなんてことはかなりありましたし。

 

ズボンが脱げる原因は恐らく想像がつくでしょう。

そう、太った後に痩せたせいで、ズボンやパンツがゆるゆるになるから。

ベルトで応急処置は出来ますが、みっともないし、何より締めきれなければ元の子も無い。

 

そんなわけで、下記のような問題が起きるわけですよ。

 

服を買い直さないといけない

まず当然コレ。

服の全買い直しです。

上着やシャツはとにかく、ズボンはいつずり落ちるか分からないので全交換。

で、その値段はジーパン新品で5000円前後。

古着屋を駆け回るしか無いでしょうが、1万円くらいの出費が出るでしょうね。

また、職場がスーツの場合はその買い直し。

気付けば出費がエライことに。

 

「シャツが出てる」と怒られる

二つ目。

「シャツが出てるぞ!」と怒られます。

これ、意図してなくても出ちゃうんですよ。

だって、ズボンと体の隙間がスカスカなんで。

 

こうしたときの緊急策は、ベルトをきつく締めるか、パンツにシャツを突っ込むかでしょう。(パンツのヒモがゴムなら有効)

何にせよ、早めの買い直しをおすすめします。

 

見た目がみっともない

f:id:dashchan8318:20180111215233p:plain

三つ目。

見た目がガチでみっともない。

麻袋の口を閉めたかのようになるので、腰辺りがよれよれになってみっともないんですよ。

こればかりはベルトのキツイ締め方でもどうしようもないので、再三言いますが、買い直しましょう。

 

 

まとめ:初めから痩せてるが一番

以上、急に痩せた時のトラブルまとめでした。

いかんせんダイエットは良いことですが、体の変化に付き合う必要もあるのです。

で、その極論は「初めから痩せてる方が、服を買い直さずに済む」となるのですよ。

 

せっかくダイエットを終えたなら、ファッションを楽しむと良いでしょう。

そして、そのファッションを長く使えるよう、体形には是非気を遣ってください!

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。