マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

走らなくても人間10kg以上痩せれる!?ダイエット常識の間違いに気づいた話

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20180113172108p:plain
f:id:dashchan8318:20180107112000j:plain
だちまえ

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

最近また1kg痩せて、月4kgペースで痩せている気がします。

 

さて、いきなりですが、

「ダイエットは走らないと痩せられない!」

と、いまだに勘違いしてませんか?

 

実は徒歩でも十分やせられます。

と言うか、「何故走るのか」を理解してないと、いくら頑張っても辞めるのがオチですよ!?

ぼくも最初コレを勘違いしたせいで、これを説明しないジムに促されるまま、お金だって50万円以上使いましたし。

 

そこで、ダイエット中のランニングと徒歩の違い、知りたくはありませんか?

そうした勘違いをしている方に向け、徒歩とダイエットの違いを簡単に紹介しましょう!

徒歩とランニングの違いは『倍率』でしかない

徒歩とランニングの違い。

それはあくまで倍率が違うだけの話です。

ここではその説明のため、メッツと言う数字を使います。

 

まず、こちらのサイトをご参照ください。(別タブが開きます)

参照:身体活動のエクササイズ数表

コチラに書かれる「メッツ」とは、その運動の倍率です。

こちらと体重、運動時間などを掛け合わせ、消費カロリーを算出するというわけです。

 

実はランニングも大したことない

ここでリンク先の徒歩とランニングを比較すると、

  • 普通歩行:3.0メッツ
  • ランニング:10.0メッツ

と言うわけで、ここではやはり、ランニングが勝ちます。

圧勝です。

徒歩は3倍の運動時間でようやくランニングに追いつくのです。

 

f:id:dashchan8318:20180113172355p:plain

ですが、その数字上の話だけに囚われてはいけない。

ランニングの問題は、その燃費です。

徒歩よりランニングの方が、負荷が溜まって疲れるんですよ。

 

かつ、仮に10日で1kg痩せるなら、毎日700kcal痩せればいい(※)。

(※一般的に言われる1kg=7000kcalと仮定して)

で、健康被害ギリギリの男性1500kcal、あるいは女性1200kcalまでキチンと食べれば、400kcalは浮かせます。

 

と言うことは、仮に1時間半の徒歩で300kcal痩せるなら。

1時間半の徒歩が、30分まるまるのランニングに変わるだけ。

 

こんなもん、通勤時や帰宅時に歩けば終わります。

 

まとめ:時間があるなら歩いたほうが痩せやすい

で、痩せ始めてそろそろ1ヶ月になるころには思うのです。

時間あるなら徒歩の方が痩せやすいと。

ぼくの思う「痩せやすい」は、「どれだけ続くか」に直結しています。

 

疲れるからと、ランニングも週に3日走るだけでは、30分走って900kcal。

毎日できるからと、徒歩で1週間1時間半ずつ歩くなら、2100kcal。

数多く運動したほうが、やはり痩せやすいのです。

 

あとは本人のポテンシャル次第ですが、どうせ痩せるなら毎日運動したほうが痩せやすいですよ!

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。