マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

30代になると変われない。だから変わらなければ

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20180323203532j:image

どうも、だちまえです。
わたくしあと2年で30歳になりますが、30代に入るの、ちょっと怖いんですよ。

 

別に肉体の衰えとかじゃないです。
最近、頑固さがオッサンのようになっているんです。

 

あるんですよ。
30代になると、じぶんルールが強すぎて、話を聞けない症候群的なのが。

 

子どもの頃、「子どもの意見にも耳を傾けろよ」と嫌った大人に近づくのは、さすがにジレンマを感じるこの頃です。

そんな気付きと自分ルールについて、少し書くことにしました。

 

考えへのこだわりは良し悪し両方

自分ルールを持つのは、良いことでもあるし悪いことでもある多くの著名人が「自分ルールを持つと、人生ラクになる」と語っていますが。
この自分ルールって、本当にそこそこ便利なもので。

 

例えば、スキルが確かな人だけど、じぶんと話が合わない人と関わる場合。この相手と今後も関わり続けたいかどうかを、昔のぼくだったら悩んだことでしょう。
決断の時、自分ルールがあると楽なんですよ。


下記のように質問(Q)があった時、ルールに乗っ取れば、すぐにじぶんなりの回答(A)を決められる、というわけです。

 

Q:スキルは確かでも、話が合わない人と関わるかどうか。
A1:スキルは必要だから関わる。でも、人としては距離を撮ろう。
A2:話が合わないならトラブルに繋がるかもしれないので、別の人と仲良くしよう。
A3:どんな人とも関わるだけ価値がある。会うときはキチンと会おう。

 

自分ルールがあれば、ぼくとかだとA2を経験上選ぼう、と出来るわけで。
こういうルールを作ることも、人生の醍醐味だとぼくは思ってます。

 

ただ、自分ルールにこだわり過ぎると、30代以降、間違いなくトラブルも増える。

例えば、

  1. 40代、50代になって自分ルールを押し付けるようになる
  2. 自分さえ良ければと、"ルールに乗っ取って"喧嘩や暴力、事件を引き起こす
  3. ルールに沿わないからと、大事な話でも噛み合わなくなる

これを、ワガママというんですけどね。

 

だからこそ、30代になっても、価値観を変え続ける意識を持ってなければいけない。
今のところ、そう信じてます。

 

ただ、これが「変え続けないとヤバイ!」って、他人に押し付けるようにならないか、不安ではあるのですが(汗)。

 

まぁ、分からないことを今語っても仕方ないので、とりあえずは『話を聞ける』オジサマを目指そうかなと思います。

では! 

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。