マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【報告】リアルカイジ、惜しかったけど落ちました

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20180325164114j:image

えー、ごめんなさい。

リアルカイジ、落ちました!!

惜しかったけど、予選敗退でございます!

 

特にあらためて語ることはないけど、当日の企画内容に簡単に触れようと思います。

ちなみに予選に限り、情報の公開はオッケーと説明時に聞いたので。

 

当日の予選イベントと大失敗の感想

当日は、まぁすごかった。

その日の全貌はこんな感じ。

  1. 参加者は、応募者35,000人の中の2,500人(書類審査通過者)から、250人を決めると言うもの。
  2. 東京予選と大阪予選があり、参加したのは東京予選。(もちろん片方にしか出れない)
  3. 会場の各種『むちゃぶり』に参加し、合格したら通過。
  4. 最後までリアルカイジGPに勝った1人には賞金1億円。

 

いきなり無茶ぶりをさせられ、髪剃ったり結婚したりと大慌てで。

 

自己責任での参加とは言え、

  • パイプカット(子供が居る前提での精子除去手術)すれば通過
  • その場で結婚すれば通過
  • 髪や眉を剃れば通過

と言う激ヤバな内容から、

  • 人の前で生着替えすれば通過
  • 全裸で懸垂すれば通過
  • メガネを油で揚げれたら通過

などの、まぁヤバいけどこなしやすいゲームを、参加者が選んで参加する、と言うような予選でした。

 

ちなみにぼくが参加したのは、

ユッケのたまご口移しゲーム。

参加者3人で黄身を口移しし、最後の人がユッケに乗せられれば通過、と言うもの。

 

うん。

割れた。

ユッケに乗せた瞬間、黄身が皮から垂れてアウト。

楽しかったけど、悔しいなあ。

 

参加者のゲスぶりもそこそこ凄かった

で、一億円ともなると、参加者もヤバいヤバい。

大体は何かしらの仕事してるんだろうけど、参加者の半数くらいは無職やフリーターで。

他人の失敗を喜ぶ人もかなり多かった。

 

また、上で書いた、

  • 『人の前で生着替えしろ』
  • 『その場で結婚しろ』
  • 『髪を剃らせろ』

と言うむちゃぶりを、「金のためなら」と平然と身を投げられる彼らを見て、ちょっと嫌になったかなって。

かつ、1人しか貰えない1億円のために、全てを賭けますって感じの顔を見ると…ねぇ?

 

あ、でもぼくも人のこと言えんか。

アピールしようと全裸懸垂のとき、上半身脱いでたし。

でも、フルチンでスタンバってた人も居るのがすごいって言う。

 

怪我も十分あり得た

あと、骨折覚悟のもみくちゃ騒ぎも当然起きますよと。

転倒、妨害、なんのその。

1億円の席はひとつしかないし、当日は1割の250人しか通過しないんだし。

とは言え、あのもみくちゃ騒ぎでガチで足を折って帰ってきそうでした。

(生活はできるけど、まだ足に痛みあるし)

 

1億円は欲しかったけど、怪我しなかったのも何よりかなって。

お金に溺れると怖いなってあらためて実感。

 

有名人も多かった

当日の進行役には、

などがいらっしゃいました。

 

一般の参加者として、

  • 元ボクシング世界チャンプ内藤さん
  • 極楽とんぼ山本さん
  • 加藤理沙さん

などもいらっしゃいましたね。

 

それ以外だと、

  • 有名なスナックママ
  • セクシー女優(が生着替え)
  • 元乃木坂の人(がディープキス)
  • パラリンピック選手のご家族(が全裸で懸垂)

と言う、スゲー事態に。

 

さすが、地上波じゃないから出来ることだなぁ。

 

1億を前に感じた誘惑と、テレビに出たくなった想い

で、ざっくりとした今回の感想。

1億円の誘惑はヤバいけど、テレビに出れるのは楽しかった。

金ばかりは人を狂わせる。

その恐怖はヒシヒシと味わったけど、カメラに撮られてるじぶんを見るのもそこそこ興奮したなって。

 

そんなわけで、ちょうど近々で何しようか迷ってた頃だったので。

ガチでテレビ出れるように頑張っていこうかなと。

最初は素人枠への応募だろうけど、そのうちメインキャストになるべく動くぜ、みたいな。

 

ひとまず、リアルカイジGPでは次に進めませんでした!

申し訳ないっす!

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。