マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

暇だからとりあえず

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20180421103342j:image

どうも、だちまえです。

最近忙しく感じる1週間も、抵抗無く過ぎるようになりました。

メーカー勤務の時代は人間関係に苦しみつつ生きたので、たぶん、今ほど生き心地を感じたことは無いんでしょうよと。

 

給料日までサクッと時間が過ぎるようになったように思えば。

それだけじゃあかんよなと思うこともあります。

 

そんな最近の日々を、テキトーに語る本記事です。

 

とりあえず借金の目処はついた

今の生活をあと1年続ければですが、

  • 無駄に使ったプログラミング学習30万円
  • マルチに勧誘されて使った20万円+α

これら2つの借金が、ようやく消えるのが分かったのが、最近の喜びかなと。

 

ライザップ?

そいつは東京オリンピックが終わる頃まで続くから、聞くんじゃない。

(意味:その頃まで続くから)

 

人にもよりますけど、ぼくの借金って基本的に無意味に使ったケースが多いんですよ。

  • プログラミングスキルは好きでもないし使ってもない(と言うか『仕事斡旋します』と言った担当者が、スキル不足だとして、斡旋しなかったし
  • ライザップ行った後リバウンドした
  • 『生活豊かにしよう!』とマルチの人に商品買うよう促された

クソです。ほんま。

 

ですが、何気なく生きて重荷が消えるなら、万々歳。

後は長生きするだけです。

 

今27歳で、5月にもなれば28歳。

気付けば後2年でアラサーの仲間入り。

 

社会人になった22歳当時と比べて、

『ああ、ようやく地に足がついたな』

って。

 

とりあえず、

  • (基本自己満足だけど)やりたいことを形にできるようになってきた
  • 他人の考えばかり受け入れず、じぶんで判断できるようになった
  • 世の中の良し悪し両方を受け入れられるようになってきた(と言うか一種の線引き、ルール決めが出来るようになってきた)

と言う感じになって。

 

フツーに外を歩くときでも、

どこへ向かってるかキチンとわかってる感覚って、結構気持ちいいもんですね。

フワフワしてた頃は、『行きたくない』と思うだけで、足がよく止まってました。

 

そんな過去と今との違いを喜んでるこの頃です。

 

では!

 

 

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。