まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

【告知】あなたの生き方、ぼくに売りませんか?

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170219105928j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

最近、ブログの方向性がコロコロと変わる毎日に動転としていますが。

この頃本当に思っていたのは、「自分が人に尽くせる何かはどんなものだろう?」と言う疑念でした。

そんなある日、あるセミナーにて、とある有名人の話を聞いて、ひとつ決心がつきました。

 

今日、この記事から、あなたの生き方を買います。

ぜひ、あなたの渾身のストーリーを記事にさせてください。

今回の記事はその告知として、その決意をまとめた経緯を書いていこうと思います。

 

最近の活動

物事は差別化できていないと個性が出ない。

このブログでもそう言った波に飲み込まれないように、これまで色々とやってきた結果として、

  • 素人童貞クラウドファンディングに挑戦
  • 薄毛とダイエットについて記事作成
  • 過激な記事を偏見もり沢山で書いてみる

と言ったことを行い、過去の出来事を知る方はご存じの通り、うち1つについては各方面をはじめ、有名人まで怒らせるような事態まで起こしています。

何が言いたいかと言えば、この頃一切「自分が目指したい方向性が固まっていなかった」と言うこと。

その結果として色々とトラブルを起こし、最近では人を焚き付ける行為と、そのせいで皆さんの信頼を失うのはもうごめんだと痛感しています。

 

その後は、方向性の明確化とこれまでの反省を含めて。

ぼくは人が大好きだ。なら人の居る場所に足を運んで、自分の力で信頼を得る練習をしよう、と活動しております。

具体的には、

  • 自分の口からブログを宣伝
  • 興味をもった方々のインタビュー
  • 事業主にお仕事を貰えないかを交渉

と言う、昔の自分では考えもしなかった内容ばかりです。

 

そんな活動自体はここ数日の話ながら、そんな活動を通し、

「ぼくの長所は出来事を記事に書き起こすこと。なら、それを書き手として喜びを提供できるような活動をしていきたい」

と願うようになりました。

そう言った経緯から、今後ぼくのブログは「20代、30代に向けて意外と認知されていない生き方や価値観、夢を提供して思い出を作っていこう」と言う一つの方向性が定まりました。

 

今回あなたの生き方を記事にしたくなった経緯

人の生き方を学び、それを発信する。

それは良いとして、「どうやって思い出として提供するか」については一切考えてませんでした。

そんな矢先、知り合いのブロガーさんから、「こんなのどう?」と、あるセミナー参加の話を頂きました。

 

f:id:dashchan8318:20170219110048j:plain

それは、キングコング西野さんを講師として招いたセミナー。

先に述べた有名人とは、西野さんのことです。

言うまでもなく、約5,000万円のクラウドファンディングに成功し、絵本「えんとつ町のプペル」で成功したあの御方。

今の時代の最先端を走っていると言われています。

 

始めに話しておくと、ぼく自身西野さんについて一切知りませんでした。

基本的にテレビで見た情報しかしりませんでしたし、参加したのも「有名人だしなにか学べるかも」と言う程度。

が、その意見は終始前のめりになって話を聞き逃さないように集中するくらい圧倒的でした。

その話を聞いたおかげで、ぼくの中の概念はすべて吹き飛んだんです。

 

その際「すごい!」と思ったことを要約すると、

  • ギブ=思い出作り
  • 世の中全員がクリエイター(情報発信している)
  • 人は一人で仕事をしようとするから行き詰まる

と言う、一見当たり前なのに考えたこともないことばかり。

そう言ったことに気付くと、色々と見えてきます。

例えばブログ。最近までぼくは他人の思い出になるようなことは一切発信しませんでしたし、自分の個性の強さに過信し、一人ですべての作業を行ってきました。

そうなると、ほかの方とやっていることは結局同じ。差別化なんて無理だと。

 

そうした考えを早速、今後の行動に取り入れようと決意したのが今回の告知になります。

 

「じぶんの長所は何か。自分は誰にどんな思い出を作れるか」をじっくり見つめなおすと、他人に負けてる部分と自分に勝ってる部分の区別が一気に出来ます。

その結果、

  • 人より動けること
  • 人より素直なこと
  • 人より書けること 

と言う3点だけがぼくの長所として残り、それを「だちまえ式」と呼び、人の思い出作りのために活かす術を考えたのが、今回の内容。

 

それが、「あなたのライフスタイルの記事化」。

ぼくにできる感謝を文字にし、世の中のクリエイターの皆さんから知恵を共有させていただいたうえで、将来的な遺産として発信していく。

そういうwin-winを目指せばすごく楽しくなるのではないかと感じたのです。

 

生き方記事化の詳細

今回の記事化に関する詳細を下記にまとめます。

1.目的

あなたの生き方を思い出として記事にまとめ、発信すること。

2.必要なもの

あなたの記憶と、思い出の写真のデータ(必要な場合のみ、JPGだとありがたいです)

3.採用条件

下記の案件を優先し、対応致します。

基本的に「人として感化されるもの」は記事として採用させて頂きます。

  1. 意外と知らない仕事や生き方
  2. 人には負けないという夢や考え方
  3. これまでにあった出来事や体験談
  4. 知って貰いたい現状
  5. 募金や活動などの宣伝
  6. その他「思い出として記事にしたい」内容

4.採用までの流れ

  1. お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。フォーマットは設けませんので、「お問い合わせ内容」に記事化依頼の旨とその内容をご記載ください。
  2. 内容をこちらで一度確認した上で、記事化させて頂きたいと判断した場合、お問い合わせフォームにご記載いただいたメールアドレスにご連絡いたします。
  3. 後日テレビ通話にて、詳細確認を行います。本人確認の意味合いを兼ね、FACEBOOKの登録と通話可能なPC(スマートフォンでも可)をご用意ください。
  4. 記事化に伴う承諾ののち、こちらで下書き作業。作業後、下書きを一度ご確認いただきます。
  5. 下書き確認後、本ブログに掲載。

5.謝礼

下記の2つからどちらかをお選びいただく形となります。

  1. 記事化する出来事1つに対し1,000円(原則として1記事1出来事)
  2. 記事へのSNSリンク掲載(1記事に複数掲載可)

6.その他

その他不足事項は随時更新していきます。 

 

目指したい場所とまとめ

この記事を書いてる段階でも、ぼくは「インタビューさせてもらえませんか?」と、駆け回っているころだと思いますが。

そう言ったインタビューチャレンジの中で、ぼくは自分の力でどんな思い出を提供できるだろうとよく考えるようになりました。

インタビューさせていただく代わりに、出来ることは無いか。

それがSNSリンクの貼り付けと言う答えに繋がったケースもありますが、全体的にみるとそんな活動が今回の告知に繋がった一番の要因だったと思います。

 

そう言った活動の中で目指したいのは、

  1. 居るだけで思い出を提供できる人間
  2. 若い方に生き方を提案できる人間

その2点。それをブログを通していかに発信できるかと言うだけのことでした。

 

世の中、今の時代全員がSNS等の発信ツールを持っています。

ゆえに、全員が情報発信者。だれもが発信するに値する体験を経験しています。

それを1つの場所、今回で言う本ブログに統括し、価値あるコンテンツを発信できるサイトを作っていきたいなと感じた次第です。

それを皆様の思い出として、ぼくの人間としての限界を補う術として。

皆様にご協力をお願いしたい次第です。

 

以上、よろしくお願いいたします。

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。