読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

【決定版】ダイエットが超続く方法を3回成功したデブが証明しようと思う

ダイエット
記事を書いた人:Dachimae あとで読む


f:id:dashchan8318:20161021153414j:image

私(僕)、なかなか痩せられなくて死にそう!

ダイエットの悩みを抱える人、かなり多いと思います。

僕の肩書きこそクソデブ素人童貞ですが、これでも100kgと80kgを3回くらい往復してます。その経験を踏まえ、ダイエットの超続く方法を証明しようと思います(^-^)

 

 

 

ダイエットに成功しない理由を超ザックリ説明すると

f:id:dashchan8318:20161021150745j:image

ダイエット。それは、体重を気にする人が抱える永遠の戦い。

そんなダイエット法として多く挙がるのは、下記の二つだと思います。

 

  1. 筋トレ(体重増加防止)
  2. 食事管理(体重減量)

 

捉え方そのものはこんな感じで、ダイエットにどちらが大事かと言われたら十中八九、食事管理になるわけです。

ちなみに、どちらも一緒にやる方が効果的(^-^)

 

その食事管理ですが、一般的に「カロリーを減らせ!」と言われます。が、カロリーを減らすことそのものは、あまりダイエットに直結してないんです( *゚A゚)

その訳は、糖質にあります。

糖質とは、炭水化物(ご飯など)から食物繊維(野菜に主に含まれるヤツ)を省いた総称です。そんな色んな栄養素を混合された糖質が、デブのもとになるわけです。

 

まとめると、デブに成る成らないは、カロリーより食事中の糖質の分量で決まってくるんです。

なので、別に男性が1,800kcal、女性が1,600kcal食べようと、糖質の分量さえ減らせば痩せれます( *゚A゚)

(3,000kcalと言ったオーバーカロリー時は保証しませんが)

 

だから、「カロリー少なければ良いんだ!」と、最初の内は炭水化物や糖分を避けてみても痩せれるでしょうが、後々ご飯やスイーツが主食になり始めて、「痩せられない」となってしまうパターンが多いわけです。この悪循環はボクも気付くまで何度も陥りました。

正直、デスクワーク中心の人なら炭水化物を食べなくて良いと思います。普段の食事(1,800kcalを想定)の炭水化物抜きでも、何かと必要分の糖質(エネルギー)を野菜などから接種してるわけですから。

 

まずは普段の炭水化物を豆腐、納豆などの総合的な糖質の少ないものに変えてみましょう☆

 

僕が証明したいダイエットの超続く方法

f:id:dashchan8318:20161021150758j:image

前の項目でほぼほぼ喋っている内容には沿いますが、僕個人が超お勧めしたいダイエット法は、「糖質減らして充分食べる」ダイエット。

理由は単純。「食って健康的に痩せられる」から。それだけです。

 

食事そのものは、以前紹介した記事に沿いますが、大体こんな感じ。

1週間で2kg痩せれるライザップ式糖質制限がどんなものか実践してみた件 - デブログ-クソデブ素人童貞がが彼女を作るまで-

主に筋肉維持・空腹軽減効果のある、たんぱく質摂取用です。

 

食べたらダメなのは、炭水化物(揚げ物含む)、赤い野菜(白、緑ならオッケー)、スイーツなどの甘いもの、炭水化物の使われたソース(トマトソースなど)と言った感じ。

 

f:id:dashchan8318:20161021151840j:image

・朝

さけ、さばなどの塩焼き:平均約200kcal

サラダ(野菜豊富なら鍋などでも可、海藻系がベスト)

その他おかず一品(たまご、めかぶ、納豆、豆腐など)

 

f:id:dashchan8318:20161021151902j:image

・昼

サラダチキン(コンビニの揚げたチキン200kcalくらいでも可)

おかず一品(揚げもの以外の、きんぴらごぼう、ひじきの煮物など)

豆腐一丁:約150kcal

サラダ(海藻系がベスト)

 

f:id:dashchan8318:20161021152019j:image

・夜

豆腐一丁:約150kcal

納豆:約110kcal

めかぶ:約10kcal

サラダ(野菜豊富なら鍋などでも可、海藻系がベスト)

 

と言った感じ。

あとはプロテインなどでたんぱく質を十分(1日約100g)摂取すれば、大体総合カロリーも1,600~1,800kcalに収まり、内臓も働き筋肉量もキープされます。食って痩せたいなら、長期的な手段としてこの方法をお奨めします。

その上で、1日0.2~0.3kgのダイエットは出来ると思います。なので、最初の目標は、この食生活を慣らすことでしょう。

 

事実、僕がこの記事を書いている段階でダイエット30日目。そうすると30×0.2で6kgは減量していることになりますが、6.2kgは減量したということで、ギリギリ目標達成しています。

 

そもそもダイエットとは本来「長期的に生活を変え、その過程で減量していく」ものです。「1日で30kg痩せたい!」と言う夢物語は、マンガ「ドラゴンボール」の魔人ブウくらいしか出来ません。

「カロリーを減らせ!」と言うのも1日の話ではなく、本来は一ヶ月間に接種する総合カロリーを減らす、と言うものです。

 

減量のみを目指すなら、お水生活などになってしまいますが、それでは間違いなく栄養失調になります。

「食べたい!でも痩せたい!」と言う方は、2ヵ月で約10kgと言う長期戦狙いで行くしかありません。なので、まず以下のことを実践しましょう。

 

  • 「一瞬で痩せる!」と言う想いを諦める。
  • 生活改善に努める。
  • ダイエットを長期的に取り組んでみる。

 

がんばりましょう!

 

本気で痩せたいなら二人三脚でやるのが一番早い

f:id:dashchan8318:20161021150902j:image

実のところ、日本人ならもっとも有効的なダイエット方法が「第三者と二人三脚でダイエットする」ことだったりします。ボクがダイエットに成功した4回の内2回は二人三脚でやって成功した位です。

 

日本人って良くも悪くも「他人からの印象が悪くなること」を気にします。

もし一緒にダイエット頑張ってる相手が自分の肉親や知り合いだと、「あいつ○○だから」と人格否定で逃げ切れちゃうんですけど、「ダイエット頑張りましょうね!」と言って関わった第三者に否定されると、相手のデメリットを知らないので、見返すには「結果を出す」ことが唯一の手段になってきます。

 

そのお手軽な関わり方が、トレーニングジムに行くことです。

専門家と関われれば適切な経験と運動が出来るので、ハンパな知恵に頼るより、効率的に痩せられます。

「ダイエットしたい!でもお金かけたくない!」と言う人ほど、失敗にお金を掛けるより、人間関係を増やすことにお金を使うことを考えた方が得策かもしれません。

 

個人的におすすめしないダイエット法

f:id:dashchan8318:20161021150958j:image

現段階の経験から、個人的にお勧めしないダイエット法が2つあります。それは下記の通り。

  1. カロリーだけ減らすダイエット
  2. ジムトレーナーに食事を完全委託するダイエット

一つ目は、カロリーだけ減らすダイエット。

一般的に成人男性が食べる食事量が1,800kcal、女性が1,600程度と言われていますが、これを男性が1,600、女性が1,400kcalまで落とせば痩せれるのか?

痩せれなくもないと思いますが、その知識だけだと中途半端です。と言うのも、「1,600kcal以内ならご飯食べても良いんだ!」と昔やっていましたが、それだと100kgの巨漢の僕でさえ痩せれず、返ってお腹が空くだけでした。

なんせ先程も言いましたが、糖質が一番のデブの元であり、それが一番含まれるのが白米、小麦粉などの炭水化物。その炭水化物の割合を減らさない以上、体は痩せてくれません。かつ、炭水化物はお腹の面積を埋めてやっと満腹感を与えてくれるもの。たんぱく質の空腹軽減効果には勝りません。

よく「必要最低限のカロリーは確保しましょう」とは言いますが、基本的に日頃食べる食事から炭水化物を抜くだけでも、一日分の必要エネルギーは確保できています。なので、そこを捉え間違えると大惨事です。

 

また、ジムトレーナーに食事を完全委託するのも余り賢い判断では無いと思います。

ボクが前に通ったフィットネスジムのダイエットコースでは「コース受けるならレトルト買って下さいね♪」となりましたが、そうすると痩せれはするものの、自分で何を食べればいいかの判断が付かなくなってしまいます。

その点ライザップに通って良かったなと思うのは、ライザップは自分で買った食材をチェックし、その良し悪しを教えてくれるところ。この記事もそうですが、そう言った知識から書いている部分があります。

 

適切な知識を学び、「お腹が空いたから」と炭水化物に依存しないこと。

その二つは徹底した方が良いと思います。

 

ダイエット中の個人的お手軽レシピ

これは僕個人で作っているお手軽レシピです。

この記事を書いている時がたまたま冬だったので、鍋を作ってみることにしました。

 名付けて、「超手抜き野菜鍋(笑)」。


f:id:dashchan8318:20161021134734j:image

 

ダイエット中に個人的に注意してるのが鉄分不足。普段お肉がっつり食べていたクソデブがダイエットで食べなくなったので、椅子などから立ち上がる時の立ちくらみがすごかったんです。

それをサポートする食事です。

 

用意する食材はこんなところ。(夜・朝2食分)


f:id:dashchan8318:20161021134815j:image

・豆腐1丁(180kcal前後。きぬ、もめん問わず)

・ほうれんそう(鉄分補給用)

・きのこ(鉄分補給用、種類問わず)

・白菜(入れる入れないは自由)

・鍋のダシ(自由。鶏がら、白湯など)

ここにレバーなどを鉄分補給用に入れても良いのですが、ボクは鍋にレバーを入れたことが無かったので、今後挑戦するかもです。

鍋にレバー、本当に美味しいのかどうか不明です(^-^;

 

ちなみにボクは大雑把なので、包丁、調味料は一切使ってません。

 

作り方は簡単。

 

①お湯を温め、ダシを入れる。

2食分1,000ml位で十分です。固形のダシを使っている場合はこの時点から温め、沸騰させて溶かしましょう。

f:id:dashchan8318:20161021134839j:image

f:id:dashchan8318:20161021134915j:image

 

②野菜、豆腐を一口サイズに切る。

豆腐はハシで、野菜は手で切りました。野菜はメンを入れない分、多めで大丈夫です。

f:id:dashchan8318:20161021134900j:image

f:id:dashchan8318:20161021134935j:image

 

③鍋に入れ、沸騰させる。軽くかき混ぜ、まんべんなく火が通るようにした後、野菜が柔らかくなったと感じたら完成。

f:id:dashchan8318:20161021134951j:image

 

と言う感じのお手軽料理ですが、

f:id:dashchan8318:20161021135016j:image

これがめっちゃ美味い。

 

今回は白湯スープ使ってますが、汁はラーメンやちゃんぽんのそれを味わってる感じで味が良く、豆腐、白菜、ほうれんそうの触感が結構良い。

かつ、炭水化物はほぼほぼ使ってないので(使ってるのはダシのみ)、糖分の比率も少ないです。よほど大量に作らない限りはデブのもとにならないのでオススメです。

 

ダイエットをしてると多分なる「痩せないんじゃないか?」と言う不安の対処法

f:id:dashchan8318:20161021151052j:image

ここばかりはちょっとだけ苦言になります。

例えば小学校の1+1=2と言う計算も、学んで初めて「当たり前」と思えるようになったことでです。

ダイエットも経験無しでスタートしたところで、「どの位痩せてれば正常なのか」、「この食生活で本当に合っているのか」と言う「当たり前」が備わっていなければ、ダイエットも「1+1=2」のようには成りません。

 

実のところ、「なんで頑張ってるのに痩せない?」と思ってしまう一番の原因は、「知識・経験不足」から来る不安なんです。

「ダイエットやってるのに痩せれない!」と言う人のメニューを良く見ると、ビスケットやお菓子、炭水化物を多く含む食事が多くあります。それなのにビスケットなどを中心に食べて「頑張った!」と言っても実のところ、本末転倒なんですよね。

そこは早めに事実を知り、切り替えたいところです。

 

ビスケットを食べるなら、野菜を食べよう。

野菜を食べるなら、ノンオイルかオリーブオイルを付けてみる。など。

そう言った知識を蓄えることも、ダイエットには必要になってきます。

 

ちなみに「痩せられない!」の対処法は、「専門家に聞く」が一番です。

専門家の皆さんは専門家を自称するくらいですから、それぞれ各々のダイエット法を持ってダイエットに取り組んでいます。今回書いたダイエット法とは異なる内容を説明される方も多いと思いますが、少なくとも知識は蓄えられます。加えて、トレーナーとマンツーマンで頑張れば、ダイエット中の精神的サポートにもなるでしょう。

僕は身の回りに専門家がいなかったので、コナミ行ったり、ライザップ行ったり、などのことをしてきましたが、もし「ダイエットに困ってる!」と言う方がいらっしゃり、「この記事を見た!」と言う方がいらっしゃいましたら、無料でボクが対応させて頂きます。

(遠距離の場合、ネット電話などのサポートになる可能性がありますが)

 

痩せたいなら知識・経験を豊富に!

f:id:dashchan8318:20161021151144j:image

今回は延々と書きましたが、これまでの経験と知識から言って、個人的にこれが一番長続きするおすすめダイエットだと思います。

この記事を書いている段階では、確かに筋トレ中ですが、それもたかだか週2回。その程度では、カロリーを消費しているとは言えません。

 

そのため、実質食事で痩せているとも言えなくもない訳です。

そしてその食事は、プロの指導に基づいて行ったものが一番効果的でした。

 

ダイエット1回目は、レバニラなどをコンビニ食を炭水化物抜きで頑張って食べて100kg⇒85kgへ。

ダイエット2回目は、最初の内は炭水化物を食べてて失敗したけど1回目と同様にやったら100kg⇒85kg

ダイエット3回目は、どこぞのスポーツジム行ってレトルト+筋トレで100kg⇒80kg。

で、今がダイエット4回目のライザップ中です。

 

こうやって見ると、ダイエットに成功してはいるものの、ダイエット中のみ食生活を変えているせいで、最終的には太っているんです。おまけにボク自身、「食べても明日痩せられる!」と言う逃げ口が当たり前にもなってましたし(^-^;

なので、ダイエットは長期的にやると、長期間意識できるし、経験も多く積めると思います。

 

最終的にまとめると、こんな感じです。

・ダイエットとは、食生活の変更。一時期頑張っても元に戻れば体重も戻る。

・ダイエットは適切な知識を持って行うべき。全体的な食事量を落としても、炭水化物(糖質)を取っていれば結局痩せれない。

・ダイエットは長期的に意識しよう。一番効果的なのは、身内や友人ではない第三者のプロと二人三脚で痩せること。

 

そう言った意味では、この記事を書いている段階で通っているライザップは適切な指導をしてくれたと思います。

「お金かけてもどうせリバウンドするだろう」と思う前に、興味を持たれたなら、まずはこちら からライザップ無料カウンセリングを受けてみては如何でしょうか?

 

また、僕自身からダイエットに関する説明を無料で行っておりますので、「この記事見たよ!」とツイッターからご連絡頂けると幸いです。

 

あばよ!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。