読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

ネットワークビジネスの成功者に操られて5ヶ月で133万円(親の金を)使った話【マルチに騙されて】

ネットワークビジネス・宗教の勧誘
記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170420222442j:plain

どうも、ゲス(@dashchan8318)です。

普段はだちまえを名乗っておりますが、今回の記事ばかりはゲスでございます。

最近、いろんなブログの「ぼくはこうして騙されました!」と言う記事を読んでいて、

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
ゲス

まだ喋ってないなー

と思ったことがあったので、マルチでの出来事をちょっと面白おかしく書くことにしました。危険性であることに変わりはないのですが。

 

恐らく、2016年12月以降にモデーア(正確にはそのグループのひとつの「ワンダーランド」)からビジネスを紹介された方の多くは、検索よりわたくしのこんな全暴露記事をご覧になられた方が多いでしょう。

記事のとおり、わたくしモデーア改めワンダーランドの敵でございます。

正直、100人に1人だけが成功し、それ以外の人は10年経っても「必ず成功するから!」と、サラリーマンを続けさせられるという残酷な世界に騙されるのだけはやめた方がいい。

実際、今回改めて計算してみましたが、たった5ヶ月で133万円も使わされた経緯があるくらいですし。

 

しかし実のところ、その133万円の大半、親の貯金だったりしたんですよね。

しかも、それ以外にもネットワークビジネスのゲスさが相まって、金銭的にとんでもないことを繰り返すことに。

そんなお金をべらぼうに使って過ごしたぼくのゲスな5ヶ月を、改めて見直してみました。

そもそも現代のネットワークビジネスもゲスである

まあ、ここはぼくの過去の記事で何度かご紹介しているので、簡単にザックリ説明すると、

  • スタートで30万円前後、ひと月10万円以上は平気で持っていかれるお仕事
  • 知らない人や会社の同僚、友達を誘ってネズミ講に巻き込むお仕事
  • 世間にとにかく嫌われている商品を売って回るお仕事
  • 社会的信頼を全ての人から失うお仕事
  • 10年やっても「成功できるよ!」と洗脳され続けるお仕事

と言う、社会的に終わるお仕事です。

詳しくは上でも書いた、モデーア(ワンダーランド)のすべてを暴露した記事をご参照頂ければと思います。

 

ぶっちゃけ、ここで学べるのって、

  • 金銭感覚をバグらせる
  • サラリーマンとは違う発想を身に着ける

程度の物であり、そんな教育代としての24万円は高すぎます。

 

加えて、ネットワークビジネスの唯一のメリットは、

個人事業主として売る商品を提供されること」のみ。

それがシャンプーだったり、プロテインだったり、生活用品だったり。

じぶんの知恵そのものが商品となる現代、そこに頼らずともビジネスは始められます。

それこそ、ブログや動画配信なんてその一環です。

 

だから、ネットワークビジネスはムダ。騙されると5年前以上に始めた人たちにお金を100万円以上取られるだけ。

ぼく個人もこれから語るように、そんな環境に身を置いたせいでかなりバカになりました。

 

ぼくがネットワークビジネスをやっていたゲス5ヶ月

ぼくも先に語ったように、ネットワークビジネスに勧誘され、5ヶ月ほど続けていました。いまは完全に脱退していますが。

5ヶ月で2人を師匠に紹介し、誰も一緒に頑張ってくれるわけなく。

そもそもそんな2人を紹介するまでに、150人以上に嫌われて。

それでいて、気付いても周りの人の変化自体あまり生まれてなくて。

 

それもそのはず。

  • かれらはマルチが世間に嫌われている事実の一切を新規の人に隠す
  • かれらはマルチと言う言葉ではなくネットワークビジネスと言う言葉を使う(結局は同じ)
  • かれらは利益のために新しく作った友達を勧誘し続ける

勧誘された人が勧誘し、その人がさらに勧誘し。

そうやって生活費を削られながら社会的に堕ちる人たちの中で、唯一儲けるのはねずみ講の上の方の人たちだけ。(月200万円や月50万円、等)

教えればうえの人たちは威厳を示せますし、下の人たちは「上の人たちを見習え」と徹底的に洗脳されるので、ある意味完全な「流れ」が出来上がっています。

 

f:id:dashchan8318:20170415045819j:plain

そうやって上の人たちは不動産や飲食店の経営に精を出せるほどの資金源を蓄え、

下の人たちは10年経とうと「技術不足だ」とばかり言われ続ける。

なんかずるいなって、今では感じていて。

 

そうした流れの中でぼくがどういうお金の使い方をしてきたか、ご紹介いたします。

 

1.友人に誘われて24万円

ぶっちゃけ、この値段自体はどの会社でも大して変わりないです。

例えばモデーアでも、アムウェイでも、ニュースキンでも、基本的に30万円以上使い、初期スタートのクラス(キャッシュバックを全額受け取れるようになるプラン)になることが最初の作業となります。

 

ぼくが勧誘されたときもそんな感じで、牧場みたいなニックネームの人(モデーアのワンダーランドでは、基本的に無理やりなニックネームが多い)と婚活パーティに出会った際、

君と一緒に頑張りたい!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
牧場くん
 

と誘われ、当時、適応障害に悩んでいた経緯から、

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
無名のぼく

お願いします!

と、当時の自称事業家(男の眼鏡ハゲなのに女みたいな名前の人、以下「女男」)に騙され、ダッシュとか言う名前で活動を始めることになりました。

もしそのニックネームでぼくのことをご存知の方、当時は申し訳ありませんでした。

 

話を戻すと、その際初期費用として24万円支払うことに。

このお金は2017年現在、半分以上を支払い終えつつも、リポ払いで今も払い続けています。

 

2.最後の晩餐とばかりにこっそり親の貯金から10万抜いて風俗へ(133万とは無関係)

ここからぼくのゲス話が始まるのですが、実はわたくし、ビジネスを始めると覚悟したその2日後、

川崎、堀之内は風俗の最高級店に16万円支払い、お姉さん方2人と一緒にお風呂に入ってました。

ちなみに2時間で16万です。

 

その「あーん」な晩餐をするがために使ったお金の出どころは、

  • 亡くなった祖母の貯金箱をバラして5万円
  • 後にも出てくる「社会人になったときの蓄え」として両親からもらった口座から8万円
  • 自腹の3万円

と言う16万で、今ではじぶんの行為を疑うレベルの行為に及んでいたわけです。

じぶんで言うのもなんだけど、自腹が2か3割って、どうかしてるよ。

 

ぼくはこれを「最後の晩餐」と呼び、ネットワークビジネスをやっている最中も同業者ネタにしていましたが、当時のぼくは「覚悟」を何か勘違いしていたらしく、

変な方向ばっかりにお金を使ってました。

 

ちなみに、先ほどの両親からもらった講座ですが、

通帳は両親持ち。

なので、最終的に両親に通帳のお金がごっそり消えていることがバレた時、

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
ダッシュ

ネ…ネットワークビジネスで使いました…

と、超適当な嘘でごまかしました。

実際、そんな8万もかすんで消えるレベルの額を、その先使っていくことになったので。

 

3.「俺がビジネス界を変えてやる」野郎どもに囲まれるセミナーに¥42,000/月

で、ビジネスをスタートすると始まるセミナー&友達探し生活。

正直、この生活での常識は、

  • 全力で師匠や講師の考えに「すげー!」とみんなで言う
  • グルになって知ってるネタでも「わはははは!」と笑う
  • いっけんまずありえない内容でもみんなで首を縦に振る 

そんな、新しい人に「この人すごいんだ!」てきな考えを植え付けんがための洗脳生活を送ることになります。

そうすれば、あとは勝手にその新規さんも友達を勧誘し始めるので。

 

上で言った牧場くんも言っていましたが、

ぼくらは神様にはなれないけど、それと同じことをするくらい感動を与え続ければ、師匠(女男)に近づけるはずだよ!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
牧場くん
 

まあ、一言一句覚えているわけではありませんが、少なくとも「神様を目指す」と言うところに宗教性を感じているこの頃です。

ぶっちゃけ、マルチの人からはそうでなくても、一般人から見たら、そんな怖い内容のセミナーです。

 

そんなセミナーも、

  • 事業セミナー
  • 友達づくりセミナー
  • 全体会議(モデーア限定の土日弾丸バスツアーセミナー)

などが取り仕切られ、1ヶ月平均42,000円は支払っていると思います。

ちなみに内訳は、12,000円が1月12回あるセミナー代、残り30,000円が(東京の場合)京都への弾丸ツアー費。大阪や京都で活動しているワンダーランド関係者の場合、もっとお金がかかっているはずです。

 

4.「生理的に無理」と言われるだけがために月56,000円支払って婚活パーティへ

さて、ビジネスについて学んだら次は友達探し。

友達探しと言ったら、定番が、

  1. ビジネスカジュアル着て
  2. オフ会、婚活、勉強会などで声を掛ける
  3. 合コンをたくさん開いて「人望にあふれるイメージ」を出す(やる場合とやらない場合アリ)
  4. 勧誘

の流れ。

 

そんな中、ぼくはと言えば、

  • 人と沢山出会える
  • 女性に声を掛ければ合コンなどにもつなげられる
  • 女に飢える猛獣(男)は単純

と言う理由から、婚活パーティを主に回っていました。

ちなみに、3つ目の猛獣の件については、

  1. 女に飢える猛獣は「女の子の知り合い居るよ」と言えば勝手についてくる
  2. 「女の子はお金をたくさん持ってる人が好き」と言えば勝手にお金欲しがる
  3. 「ぼくの師匠はお金に詳しい」と言えば勝手に勧誘の流れを作れる

と言う理由から、婚活パーティには必ず20人中5人前後のネットワークビジネス関係者が居ます。

 

そんな中、ぼくこそかなり個性的な顔のため、

女性には「生理的に無理」と言われ、

男性には「おまえホモ?」と勘違いされて。

結局、そうやって嫌われながら8,000円前後の参加費で月8回。

合計56,000円を友活費として使っていました。

 

5.月末に恒例の商品購入。5ヶ月目は給料全ぶっこみの18万

さて、月末に必ず来る「商品購入タイム」。

商品を積み上げてシャンパンタワーもどきを作り上げる人が沢山現れるほどのネットワークビジネス業界ですが、そんな状況が起きるのも、一定額支払わないと、ビジネス活動が出来なくなるから。

そんな活動費は最低でも月10,000円以上。

 

加えて当時のぼくは超洗脳状態。

「ワンダーランドの中でも上級レベルの教育を受けられる人がカッコよく、購入額(正確にはじぶんと紹介された人が買った商品)がすごい人ほど偉く、そんな立ち位置になれるのは商品をたくさん買った人だけ」と言う超やばい理屈がまかり通っていたので、ぼくはまんまとそれに騙され。

そんなカッコよさに憧れ、上級セミナーに参加する最低条件の18万円(会社の給料全額)を、最後の2ヵ月はポンと払い続けました。

そんな状況をぼくの上の人たちは、「戒めならいいけど、金銭感覚大丈夫?」とは言いましたが、結局その支払いを阻止してくれはしませんでした。

もちろん、お金を使う使わないは自己責任ですが、そのヤバさを大体の人は分かっているはずですから、おそらく一般人なら止めます。

 

結果、

  • 1ヶ月目:24万円
  • 2ヶ月目:1万円
  • 3ヶ月目:5万円
  • 4ヶ月目:18万円
  • 5ヶ月目:18万円

合計66万円を、5ヶ月で使う羽目に。

その間、どうやって生活していたかと言えば、これまた親の金。

そんでもって最後の方にぼく自身が喋っていたセリフが、

「絶対二人(両親)の生活楽にするから!」

本末転倒です。

 

ちなみに、商品を買うということは、そのたびに宅配の人が家に立ち寄ると言うこと。

そのたびにぼくはセミナーか友達作りに励んでいたため、

またあの勧誘君かよ…(怒)

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
黒猫ヤ〇トの人
 

毎回同じ人が家に18万円分の生活品を届けてくれていたので毎回すごく嫌な顔をされました。

6.その他移動費¥30,000/月

これはあくまで当時のぼくが使っていた額で、仮に移動費が毎日平均1,000円(各方面に平日も友達探しをしていたため)だったとして、それが30日。

合計、30,000円以上が毎月の出費です。

 

これもあくまで過去の情報なのが、いまの時代、都内やその近辺には、

  1. ネットワークビジネスを既にやっている人
  2. ネットワークビジネスの勧誘を断った人
  3. ネットワークビジネスを辞めた人

のいずれかしか居ません。

そうなると、都内に残されたネットワークビジネス関係者は車を運転してでも、外の県に移動するしかなくなります。

つまり、そんな彼らにはガソリン代や車の維持費までかかってくるのです。

南無。

 

ちなみにこれだけではないのがネットワークビジネス

もちろん、上記の出費だけで終わるのがネットワークビジネスではありません。

例えば、

  • 外部セミナー:8万円
  • セミナー以外の集会:¥3,000/週(交通費込み)
  • 友達勧誘の際に連れていく社会人サークル参加費:¥5,000前後/週

と言う状態。

仮に1年かかって1人勧誘したとしても、その月に得られるのは30万円の10%の約3万円。

それ以降その紹介された人が頑張らなければ収益はゼロ。(権利収入ともいう)

じぶんが商品ばっかり買い続ければマイナスしか生みません。

 

ぼくはたまたまこうしたセミナーなどに関わる機会はありませんでしたが、間違いなくこうした活動はマイナスしか生まないと言い切れます。

 

5ヶ月の出費は133万。うちいくらかは親の金

さて、最終的に、ぼくは勧誘の途中で会社の皆様にネットワークビジネスの素晴らしさを説き。

会社の上司にバレて。

その話が両親の元へ行き。

通帳の残額の減り具合と合わせて「何かやってるな?」とバレて、止めることが出来たわけですが。

 

今になって色々計算した結果、2015年9月から始めたネットワークビジネスも、

結果的に5か月後には133万円の損失を合計で生んでいました。

しかも、仮に80万円ほどは自分で支払ったとしても、残りの50万円は両親の金で活動するというゲス具合。

ビジネスについて一切学べなかった環境でぼくが出来たことと言えば、じぶんのゲスさを極めることくらいだったんですよね。

その点、両親にはものすごい迷惑をかけたと感じてます。

 

いまでこそ「だちまえ」と名乗って活動しているのも、

「ダッシュ」と呼ばれた当時のじぶんとの決別の意味を込めてです。

 

実のところ、2016年(去年)の12月に同じ環境の顔見知りマルチ業者とばったり顔合わせしたのですが、その時も、

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
だちまえ

ぼくは、だちまえと言います!

と、きちんと区別してます。

オフ会で騒ぎを起こさないよう、お互い知らないふりをしていたのもありましたが。

 

ビジネス界は変わり者が多いが、ネットワークビジネスはう〇こだらけだった

ブログ界でもそうですが、ビジネス界は

  • 下ネタ全開
  • お金と下世話話大好き
  • ありえない人多過ぎる

と言うゲスな人はかなり多いです。

これ自体は自覚されている方も多いので、ここではキッチリ明記しますが。

ゲスだからこその個性な面も多いので、そこはかなり素晴らしいです。

 

しかし、ネットワークビジネスの人たちは最悪で、う〇こだらけ。

  • 周囲の迷惑も考えず勧誘する
  • お金の計算が出来ない
  • 洗脳されているせいで、ネットワークビジネス以外のことが考えられない

そうやって、まともな考えすら出来なくなり10年経ってみるとサラリーマンとしてすら社会復帰できなくなるという人も多いくらい。

破産申請や、一生を借金返済に充てざるを得なくなる人も多いはず。

 

そんな状態にあなたはなりたいですかって話。

ちなみに、この話はモデーアはワンダーランドの大師匠も言っていましたが、

う〇この人を誘え!かれらの方が行動力あるし、そんな状態から磨けば金ピカになるから!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
大師匠
 

と言っていて、その可能性を説いて回りましたが、ぼくからしたらネットワークビジネスをやっていること自体、正直う〇こにハエのバケツをぶっかけてる状態に近いです。

 

ぼくは133万の大半を取り戻せない

さて、こうしたネットワークビジネスをやっていて一番残念になったこと。

それは、ぼくの支払った133万円の大半は返ってこないということ。

 

幸いぼくの活動期間は5ヶ月。1年以下の活動ならクーリングオフも適応されるのですが、その対象は未使用製品の返却分のみ。

多くの製品を箱から開け、使い、そのままにしていたせいで、

30万円分しか返却されませんでした。

 

残り103万円分のほとんどは、

  • 婚活パーティのイベント主催
  • バス会社
  • マルチの会社
  • その他きちんとした公共機関

などに「正当に」支払われたため、結局取り戻す術もなく。

ぼくの意思でビジネスを始めてしまった以上反論も出来ず、どうしようもなくなりました。

 

戻ってきた30万も、結局6万円の風俗とプレステに消えた

ちなみに、返ってきた30万円の使い道はと言えば。

結局6万円の風俗と5万円分のプレステ費に消えました。

はい。わたくし、ネットワークビジネスを辞めたばかりと言うこともあり、頭がパーでした。

5ヶ月分の性欲と娯楽を満喫することしか考えておりませんでした。

 

まあ正直、風俗の方はかなり気持ちよかったけど。

結局2時間でそんな夢の時間もおしまい。

 

結局、その5ヶ月と言えば、

133万円を無駄遣いするだけに終わってしまったんですよね。

加えて、ゲスさにゲスさが増すという。

 

そう言うゲスも結局「ネットワークビジネス以外で結果出してやる!」と奮闘し、2016年5月にブログを始め、ようやく一人の人間として生きるようになり。

そうやって、無事今回の400記事目に達することが出来たというわけです。

 

ある意味逆恨みでも、ぼくが過去の同業者に容赦ない件

さて、そろそろまとめです。

ぼくとてそんな経緯もあり、もともとネットワークビジネスで勧誘していた身。

元前科者のようなものです。

 

しかし、悪いことを悪いと認識したまま悪いことをする人が居ないのと同じで、

元同僚にこういった記事がバレれば、と言うか絶対バレてるでしょうが、

お前なに俺たちのことを苦しめてるんだよ!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
過去の同僚たち
 

と言われることでしょう。

さっき挙げた牧場くんなんて、将来のモデーアの敵を作らんがために勧誘したようなものなので、かなりへこんでいるか、ショックで脱退したかもしれませんが。

 

とは言え、彼らの常識の中には、

「ネットの情報はゴミクズ」

と言う考えがあります。

 

そんな彼らの考えを信じるなら、

ぼくは何をネットに書こうが自由、

と言うことになります。

実際、個人名を書いているわけではないので。

 

それくらい、ぼくがどれだけ事実を書こうと勝手に頑張ってくれるのだろうとぼくは信頼してこんな暴露記事を書いているわけで。

 

加えて、先ほども言ったように、

ぼくが洗脳されて使った100万円は一生返ってこない。

その勉強費、どこかで使わないとムダ金。

 

と言うわけで、

ぼくがネットワークビジネスをやっていた時期の経験を全暴露したブログをみんなに提供する

と言う仕返しを始めたのです。

 

もうぼく自身、ネットワークビジネスをやる意味がないですし、やらせるとお金がかかる「だけ」なのが分かっている以上、借金を何も知らない人に作らせるわけにはいきません。

相手が何をやろうと自由ですが、そうした現実を隠したまま勧誘しようとする業界への反発です。

 

ぼくはそうやって、じぶんのゲスさを別の方向へと持っていったわけです。

もちろん、そんなゲスさは今でも残っていますが、

少なくとも、以前より関係を増やし、人との縁を大切にして行こうと思うほど、人としても成長することが出来ました。

そうした成長も、ネットワークビジネスを辞めた後にようやく出来た経験から、だったんですよね。

 

そうしたところから、ぼくが思った「じぶんのいやらしさ」。

モデーアよ、ワンダーランドよ、もっともっと認知度を悪くしろと。

そうした活動がある限り、ぼくの記事は読まれ続け、

そう言う勧誘に困った皆にぼくは情報を提供し続けるのだと。

そんないやらしさを持つようになりました。

 

ぼくの行動そのものは正義のそれとはこれっぽっちも思っていませんし、結局は仕返しやらの自己満足です。

しかし、ぼく自身、じぶんの経験したことはきちんと発信し、何も知らないまま変な方向へ足を踏み入れる人が1人でも減ることを願っています。

 

最後に、モデーアに勧誘された人限定ですが、メッセージを。

ワンダーランドの英語表記は「wander land(夢の国)」ですが、

この「wander(夢)」と書いてワンダーと読むこの言葉、

「wonder(迷っている)」と書いてもワンダーなんですよね。

 

結局、何も知らないまま「1人さそえばこれだけの収益生まれるんだ!」と言う甘い話も裏を返せば、

「wander land(夢の国)」に見えても、

「wonder land(迷いの国)」と言うのが本当の話。

実際、夢を見続けて洗脳された人たちのほとんどが、1人の成功者を支えるがための、99人の奴隷の一人になってしまうのですから。

 

そう言う状況に陥りたいかどうかは、皆さんのほうがよく分かっていると思います。

考えましょう!

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。