マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

一生生きるために何が必要か。それは「にげる」コマンドだ

記事を書いた人:まえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170904111555p:plain
f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

どうも、暇つぶしにデザイン練習してます。まえ(@dashchan8318)です。

 

ぼくは今でこそ暇つぶしに生きていますが、

ずっと子供の頃から思っていたことがあります。

それは、

 

ポケ〇トモンスターの戦闘中に見たこのアイコン。

何で「たたかう」から始まっているんだろうと。

何で「にげる」が「お金も経験値も捨てて戦いを諦める仕様になっているんだと」と。

 

f:id:dashchan8318:20170904111558p:plain

 

ぼくだって、にげることは嫌いでした。

なにせ、何も残らない。

 

サラリーマンにもなれば「人生戦い続けるんだ」と言われるように。

仕事も信頼も勝ち取らないといけない。

頼まれたことは最後まで終わらせないといけない。

戦わないと生きていけない。

逃げ出せば、そんな生きる希望が全てパーだ。

 

かつて、そう思っていた。

だから、仕事を頑張り続けていた。

 

そんなぼくが今では不思議と。

「たたかう」ではなく「にげる」を選ぶようになってしまったのだ。

 

「にげる」に選択肢がないのは不思議だ

例えば、こんな画面が出てきて。

(フリー素材を拝借)

f:id:dashchan8318:20170904113949p:plain

 

こんなアイコンが出てくるだろう。

f:id:dashchan8318:20170904111558p:plain

 

ここで「たたかう」を選べば、

「たたかう」を選ぶと、選択肢がたくさん出てくる。

 

なのに、「にげる」を選ぶと、

「〇〇はにげだした!」

と言うメッセージが出てくる。

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

まって。めっちゃ不思議

 

ゲームでだって、こう言うことは出来るかもしれない。

  • エサを与えて見逃してもらう
  • お金をあげて経験値だけは稼ぐ
  • バッジをお金で買う、もしくは愛を訴える

しかも、「この戦いはこうだったから」と、

経験値はまず間違いなく得られているのだ。

 

f:id:dashchan8318:20170904115420p:plain

そう。

路上でこういうモブキャラと戦う時だって、

こういうアイコンが出てきてしかるべき↓

f:id:dashchan8318:20170904111605p:plain

 

「たたかう」に選択肢があるように、

「にげる」にも選択肢は沢山ある。

その逃げ方を選べず、「逃げれば何も残らない」と大人が勝手に定義するのはいかがなものだろうか?

そしてこれは、人生においても同じことが言える。

 

人生における「にげる」のアイコンの重要性

f:id:dashchan8318:20170904115456p:plain

さて、子供の頃、

f:id:dashchan8318:20170904111558p:plain

こういう記載だったアイコンは、

 

大人になるとこうなってしまう↓

f:id:dashchan8318:20170904111602p:plain

 

いくら苦しくても戦うことを選び。

仕事を選ぶことで戦うアイテムとして。

ごまをする上司を変えれば戦いも有利になる。 

そして逃げるだけは「たたかいのさいちゅうだ!」 と選択できない。

 

いやいや。

もし現実で戦って「めのまえがまっくらになった!」とか言うメッセージが出ちゃったら、間違いなく「人生の終わり」のことでしかないぞ!

f:id:dashchan8318:20170904115853p:plain

 

人間も元々は動物であり。

その本能は、

  • 「たたかう」
  • 「にげる」

によって成り立っている。

そして「にげる」とは、勝ち目のない、

もしくは、命に関わることだから取る行動のこと。

 

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

きちんと「にげる」を選べる人は、生きるか死ぬかを考えられる正常な人!

 

苦しんでも「たたかう」を選べる人は、いつその熱意にガタが来るか心配でしかない。

 

命に関わるレベルで「たたかう」を選べる人は、ほかの人に与える感動は計り知れないとは思う。

でも、その感動を感謝として受け取るころに、死んでしまっては救いようがない。

ぼくだって、そんな「たたかう」を選ぶ人を見ていてすごく嫌な気分になってしまう。

 

重要なのは「逃げ方」を増やすこと

ただ「にげる」を選ぶのは、確かにカッコ悪いこと。

そこばかりは同感するかもしれない。

だからこそ、ぼくは「逃げ方」を考えるようになった。

 

例えば、ぼくがまだサラリーマンだったころ、

「にげる」を選んだ時、

f:id:dashchan8318:20170904111602p:plain

 

こういうアイコンが出てくるようにしたのだ

f:id:dashchan8318:20170904111609p:plain

 

これこそがぼくは本当の「にげる」だと思っていて、

「にげる」とは、人生を放棄していることではない。

むしろ、じぶんの本心に従って、選べる道を探っているようなものなのだ。

 

だから、ぼくの中では「たたかう」と「にげる」は何ら変わらない。

違うのは、

生きるためにいやいや仕事を貰っているか、

生きるために前向きに仕事を探しているかくらいだろう。

 

このアイコンを自作できるかどうかは、

あなたの人生にも大きく関わってくる。

 

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

選択肢は、もうこれ以上なく多いほうが良い

そのほうが、あなたの人生だってもっと潤うだろうから

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。