マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

未経験やフリーターでも正社員に⁉20代が学ぶべきクリエイタースキル5つ!

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20180225170038j:image
f:id:dashchan8318:20180107112000j:plain
だちまえ

どうも。だちまえ(@dashchan8318)です。

実はわたくし、元メーカー勤務ですが。

ライターなどのスキルを買われて転職した実績があるんです。

 

そんな中気付いたことで、

未経験やフリーターでも正社員として働く方法

って言うのがあるとしたら、知りたくはありませんか?

 

例えば、

  • 今までと同じ業種でしか働けないのは辛い
  • フリーターだけど社会復帰したい
  • とにかく転職したいけど同じ業種が嫌だ

と言う方、多いと思います。

ぼくもパワハラの多いメーカー業にうんざりして、転職希望先を変えたほどです。

しかし残念ながら、人手の足りている業界で働き直せるほど、社会も甘くは無いんです。

 

そんなわけで、特に20代が学ぶべきクリエイタースキルをまとめてみました。

ぼくもそうですが、これらスキルを持っていれば、再就職だけでなく個人事業主として仕事を依頼されることも多くなるのです!

本業を持ちながらお小遣いも稼げる。

そんな状況を作れるスキルを5つほど、さっそく紹介していきましょう!

未経験で正社員になるなら「ベンチャー企業」を狙え!

では、まず先に「再就職しやすい業界」のご紹介から始めましょう。

未経験で再就職したいなら、広告やメディア運営を取り扱うベンチャー企業を狙うべき。

 

ベンチャー」とは『冒険的』。

つまりは『未開拓』の意味でもありますが。

そんなベンチャー企業を目指すべき理由は3つ。

  1. 人手としてじぶんを売り込むチャンスがある
  2. 人手不足なため優秀な人材を求めている
  3. ほとんどの人が目指さない(ブルーオーシャン
  4. 転職サイトが紹介してくれない(ベンチャーは求人自体が少なく、転職会社もお仕事として受かりやすそうな案件を紹介する※)

※転職サイトは「人手が企業へ行った段階で支払われる」のが一般的です。

 

つまりは「スキルさえあれば再就職しやすい」んですよ。

 

人のほとんどが、

  • 安定や実績のある会社の方が良さそう
  • 大手ほどお金持ってそうだから辞められない
  • 分からない業種への転職なんて不安でやりたくない
  • 親にどう説明すればいいか分からない

と言う理由から、ベンチャー企業への転職って、ほとんどの人があまりやりたがらないんです。

 

特に今回紹介する、

  • 編集スキル
  • デザイニング
  • プログラミング

なんて、ほとんどの人が触れたことの無い代物。

誰もがやりたがらない仕事を請け負うから、そこにニーズが生まれるのですよ。

そんな体でスキルを身に着けてこそ、社会的信頼の低いフリーター(残念ながらこれはガチ)でも再就職がしやすくなるというわけです。

 

そんなずる賢く生きるためのスキルを紹介していきます!

 

別に稼いだって20万円まではセーフ

あと、この記事では副業としてスキルを使うことも推奨してます。

副業の対象は、企業から頂いた案件、個人からのもの、あるいはアフィリエイトなど個人で稼いだもの問わずです。

理由は複数ありますが、

  • スキルの実績を作れる
  • じぶんのスキルに自信が持てる
  • ついでにお金儲けもできる

と言う具合に、じぶんに自信が持てるほか、実際に稼げるということも経験できますからね。

それに、たくさんのサイトで書いてますが、年に20万円までは確定申告も不要です。

万が一フリーターになることも想定して、たくさん稼いでおきましょう!

 

20代が学ぶべきクリエイタースキル5つ!

f:id:dashchan8318:20171126122836p:plain


 

先に言っておくと、今回のスキルは全て学んでおかないといけないというのは決してありません。

向き不向きがあると思うので、全て覚えるというより、この5つを試して活かしたいと思った道を進むのがベスト。

ですが、そんな選ぶようなものでも、ベンチャー系の企業の多くはこうしたスキルを持つ人をすごく必要とするんです!

そんなわけで、さっそく「未経験でも正社員になれるスキル」を紹介していきます!

 

1. 企画編集スキル

f:id:dashchan8318:20171126120112j:plain

まずは企画編集スキル。

記事や動画を作るとき、話をどう作っていくかを考えるのがこれですね。

  • 物事の企画
  • 記事作成
  • 動画編集

などにすごく重宝し、商品宣伝や広告作業などですごく役立ちます。

 

この練習として、ブログ運営をしながらアフィリエイトを取り扱うと良いでしょう。

 

メリット
  • どの業界でも使える技術。
  • 広告業者やメディア運営会社で活かせる。
デメリット
  • アフィリエイトやブログ、動画などと絡めないと、これ単体では意味がない。
転職活動時にしたいこと
  • 記事や動画、アフィリエイトサイトなど、参考になる資料を企業に持ち込めるようにする。

 

2.Adobe(アドビ)が扱える

次にAdobe Creative Cloud(以下、アドビ)のアプリが扱えること。

アドビって言えば、聞いたことがある方も多いのでは?

アドビはいわゆる、画像や写真、動画、音楽などの編集ソフトの総称。

 

(これのことです)

なお、扱えるパソコンスペックに推奨条件もあり、

  • メモリ:8GB以上(推奨16GB)
  • cpu:corei7

と言う高スペックPCが必要になります。

仮にインストールできても動きが重すぎてろくに使えないという事態になりかねません。

  

www.dospara.co.jp

扱えるようになりたいのはこの一部のソフトですが、これが扱える人を求める業界は本気で多いです。

なにせ、ほとんどの企業様は、このソフトを使ってお仕事のやり取りをするもんですから。

だけど出来る人が少ない。

正社員になりたいと売り込むには、うってつけの材料になるわけです。

 

アドビの中でも扱えるようになりたいのは下記のソフト。

  • illustrater(画像作成・編集ソフト)
  • photoshop(写真編集ソフト)

この2つは広告宣伝に使う画像作成に使うので、企業の募集概要欄に「illustrater、photoshopが扱える方」としっかり書いてある場合も多いです。

メリット
  • 音響操作やwebデザイン、動画にデザインと、多種多様のソフトを扱うのがAdobe(アドビ)。
  • 扱える人を求める企業が多い
デメリット
  • 万能だけど機能が多く、扱いがムズい
  • 個人で練習するには値段が高い(学生向けで年間約3万円、社会人で年間約6万円)
就職活動時にしたいこと
  • とにかく「扱える」ということを売り込む。不安なら上記2つのソフトを用いた画像を用意し、起業に持ち込めるようにする。(他サイトの画像などの映して練習したものを示すのも手。ただし販売は厳禁)

 

3. カメラ撮影スキル

f:id:dashchan8318:20180225165605p:plain

カメラを扱えるのも大事なスキル。

例えば写真は、

  • プロフィール
  • 動画やサイト
  • 商品宣伝

など用途が多く、特に芸能人や社内での映像撮影など、人の絵を撮りたい時に必要なのがこのスキル。

 

写真撮影は趣味でされている方も多いと思いますが、

  • 撮り方
  • 撮る場所
  • 撮る写真の色合い

などを即時に判断できるひとはごく少数。

それだけレアリティがあるというわけです。

 

ちなみに、デジカメでの撮影とは少し違う(精度が大違い)ので、これを極めたい方は、1眼レフカメラなどでキッチリ写真を撮っていきましょう。

 

メリット
  • 写真を撮影する広告会社やメディアなどで重宝される
  • ぼかしやシチュエーション選びなど、一貫して出来るカメラマンの需要は高い
  • 趣味から始められる
 デメリット
  • 機材がかなり高い(カメラだけで5万円以上する場合もあり、その他証明をすべて揃えるとなると20万や100万円いく場合もあります)
就職活動時にしたいこと

とにかく経験がものを言うので、室外や室内、あるいは友人などにご協力いただき、写真をまとめたものをサイトに掲示していくと良いでしょう。

今の時代、写真をまとめるサイトは多くあります。

これをもって、企業へ提出、並びに紹介できるようにしておくと良いでしょう。

(写真をまとめられるポートフォリオサイトの例)

www.strikingly.com

 

4. イラストレーター・デザイナー

f:id:dashchan8318:20180225165402p:plain

こちらは広告デザインやWEBページデザインと色々分野は分かれますが、それでもそうしたデザインのセンス、あるいは『絵が書ける』と言う人を企業は重宝します。

上の写真撮影もそうですが、物事は「分かりやすさ」が全て。

カッコよさや可愛さ、その他シンプルさを活かしたりなど、そのセンスが分かる人はごくわずかなんですよ。

この記事を書く前にも、『デザイナーとして育てるので』と言うSNSの書き込みを見つけたこともあり、デザイナーのニーズは今後も増えていくことでしょう。

 

また、ブログもそうですが、デザイン豊富な記事ほど分かりやすく、人に読まれやすい傾向にあります。

顔出しNGと言う方は、マンガ絵でも十分通じるので、イラストやデザインが出来るようになると、もはや万能レベル。

 

有名どころですが、こちらは本当に分かりやすくて初心者にお勧めです。

 

メリット
  • イラストはブログから広告まで用途が幅広い
  • デザインで人のイメージが変わることも多く、スキルは重宝される
デメリット
  • センスが分かるか分からないかの世界なので、人で差が出やすい
  • 単なるお絵かきでは通用しない
就職活動時にしたいこと
  • とにかく毎日書いてアウトプットする。SNSやブログなどの宣伝媒体は利用しまくる。

 

5. プログラマー

f:id:dashchan8318:20180225165222p:plain

さて、現在のフリーランスが一番「稼ぎやすい」と口を揃えて言うのが「プログラマー」。

JavaとかPHPとかのお話ですね。

 

ちなみに上のデザイナーとの違いは、

  • WEBデザイン:ユーザーの使い勝手(ユーザーインターフェーズ、UI)やデザインなど、「見た目」を考える。HTMLやCSSをいじる。
  • プログラマー:条件分岐やデータの送付先など、条件ごとのシステムを組み上げる。JavaPHP、sassなどを使う。

 と言う、見た目とシステム構成、どちらを弄るかの違いですね。

 

さて、こちらがなぜ儲けられるかと言うと、単価が高いのにプログラマーがガチで足りてないんです。

  • 深刻なプログラマー不足(現在学生にプログラミングを教えようと国が働きかけ、彼らが成人になる2030年頃まで続くと言われる)
  • 言語が多すぎてムズい
  • 個人で受ける分には月50万、100万円と単価が高い

例えば会社でも、優遇してるところでは、スキル次第で月給50万円と出してくれますし、リモート出勤(パソコンカメラで会社に顔を出すもの)も許可されるほど。

そのくらい、プログラマーは専門知識が無いとやっていけないんですよ。

 

メリット
  • 2018年現在、月50万円の報酬案件も多いのがプログラマー
  • 国レベルで専門家を増やそうとしている分野
  • 今後ニーズが膨大するIT系で需要が多い
デメリット
  • 言語が多すぎてムズい 
就職活動時にしたいこと
  • じぶんでプログラムを組み、会社に紹介する。例えばwordpressを扱う人ならサーバー契約はすると思うので、PHPJavaをブログに組み込むと分かりやすい。

 

これら知識を得るためにしたいこと

これら知識を得るためにしたいこと。

これは間違いなく、『練習』です。

 

先ほども書きましたが、これらお仕事の公募は見つけるまでに時間が掛かります。

ぼくだってライティングで仕事を見つけるまでに、いろんなサイトを見て回ったほどですし。

 

その間、ぼくがしたことは、

  1. 個人で実績を作る(例:ブログで記事を書きまくる)
  2. 個人で会社の仕事を受ける(例:SNSで仕事を見つけ、応募する)
  3. 企業案件を受けてきた実績を作る(お小遣い稼ぎにもなるのでホクホク)
  4. 作った実績と自信を持って転職活動に挑む

と言う感じ。

 

特にプログラマーさん等が難しくなるのは、じぶんのスキルに自信を持つこと。

自信が無いと、転職時に「あ、この子出来ないんだ」って言うのがバレるんですよ。

だからこそ、企業からの信頼を得る「フリーランス活動」がものを言うわけです。

 

そんなわけで、お仕事にもつながるよう、スクールも利用しました。

例えばこちらの『CreatorsHive(クリエイターズハイブ)』は、プログラミングからAdobeの練習まで幅広く取り扱い、IT系企業への転職相談にも載ってくださるので、幅広く勉強したい方はお勧めです。

こちらはクリエイター全般のスキルを学べます。

現場で鍛える、実践型クリエイター育成スクール【CreatorsHive】

 

はたまた、『パーソルテクノロジースタッフ』もおすすめ。

こちらはフリーターかつエンジニア希望の方向けになるかもしれませんが、こちらは比較的相談者の希望職種に対応した仕事場を紹介してくださる、転職相談も可能な会社様です。

パーソルテクノロジースタッフ登録はコチラから!

 

あるいは、アフィリエイトを取り扱い、ブログで商品宣伝を練習したい方は、アフィリエイト最大手の『A8.net』が良いでしょう。

こちらへの登録は無料(ブログ等サイトを持っていることが条件)で、かつ、ここで作成した記事は、サーバー管理が行き届けば一生ネットに残るわけです。

成果が出るまではお仕事同様時間が掛かりますが、『楽して稼ぎたい』と言う答えに一番近いところにあるのはこうしたアフィリエイトでしょう。

『A8.net』登録はこちら!

 

これらスキルを活かした仕事の見つけ方

f:id:dashchan8318:20171126114600p:plain

なお、これらスキルを活かした仕事探しは案外簡単。

ただし、案件が非常に少ないので、とにかく定期的に下記に目を通すことをおすすめします。

 

1.転職サイト(※大手以外)

まずは転職サイト。

ぼくが転職に使ったのは、indeedでした。

jp.indeed.com

 

これについては「indeedが良かった」と言うより、「大手に案件紹介任せたら、絶対ベンチャー企業を紹介されない」と言う方が大きいです。

理由は上でも書きましたが、転職サポート側もお仕事をしてるので、『相談に来た人に早く仕事を見つけて欲しい』んですよ。

相談者に早く安心して欲しいって言う以外にも、企業に行くことが決まって初めて、転職サポート会社も企業からお金を貰えるので。

 

そんなわけで、

検索:『○○(じぶんの活かしたいスキル) 転職』

とキーワードを入れ、検索エンジンでそれを紹介している転職サイトを漁ると良いかもしれませんね。

 

そして大事なのは、受ける会社はじぶんで探すこと。

先にも書きましたが、転職エージェントに任せたら、受かりやすい今の業種しか紹介されないと思いますよ?

 

2.facebookなどSNS

これも大事で、たとえば会社運営してる社長さんとかは、「人手が要ります!」とよく募集要項を出してますね。

この辺りはブロガーの友人やフォロワーが多いと、その手の情報が入りやすくなります。

こちらの情報は不定期なので、情報サイトを見るよりは力不足かもしれませんが。

顔見知りの相手が募集を出しているなら、面接に受かりやすいとも言えるのです。

 

あと、社長さんってブログ運営やSNS更新など、何かしらのアウトプットをしている場合も多いので、ブログサロン(DMMのオンラインサロン)などで知り合えることも多いです!

もちろん、そんな方々と仲良くなるためにも、上のスキルを磨いておくことをお勧めします!

 

その中誰もが『事業主』。仕事欲しけりゃ「使い方」を示せ

こちらは補足ですが、この価値観は今後生き残っていくためにすごく大事なことなので、少し書いてみることにしました。

今の世の中、『会社やってなくても世の中誰もが事業主』と言う世の中なんです。

 

例えば大学を卒業すれば、誰もがこう思うかもしれません。

「会社に入ればスキルを学べる」

確かに、学校の成績で相手を評価する会社も少なくありませんし。

 

ですが今の世の中、パワハラとかいじめが深刻化してますよね?

「なんで仕事が無いのに会社来るんだよ!」みたいな。

こういうトラブルが起きるのって、

会社があなたをどう扱えばいいか分からないから

なんですよ。

 

これを示して信頼を得る。

つまりは個人として会社に営業を仕掛ける。

そのために、

  • 動画
  • 記事
  • その他製作物

などを会社に示して、「これが出来ます!」と説明する。

これが出来ないと、今後社会人が生き残るのはかなり難しくなっていくんです。

 

じぶんからじぶんの有用性を示すしかない。

だから、じぶんと言う商品を、じぶんで会社に示す。

そうした意味で、仮に会社やってなくても、個人事業主のような心構えを持っていないといけないんです。

 

まとめ

と言うわけで、じぶんで磨けるクリエイタースキル5個でした!

今の時代、誰もがスキルを磨いてこそ生き残れる時代なわけで。

業種関係なしに、じぶんの特技は全て活かしていきたいものです!

 

ぜひ心から学びたいと思うものを見つけ、それを活かせるようなお仕事に就いて下さい!

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。