マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

「友達」として飲める方が、月会費ありきより嬉し涙

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20180709204326j:image

おいっす、だちまえです。

赤の他人と飲みに行くなんて、

めったにありません。

 

だけど最近、飲みに誘ってもらえたので。

その際うれしかったことを、紹介できればと思います。

会うのに金が必要な関係って、やっぱヤダ。

つい先日、Twitterで交流のあるサキさんと、飲みに行かせて頂きました。

じぶんより長くブログやってるし、ツイッター上でもトゲ無くフレンドリー。

 

ブログ書く人=時間管理も上手い的なイメージもあったので、ぜひ会ってどういう生活を送られてるか聞いてみたかったんです。

mandragora.hatenablog.com

 

 

で、実際に行くと、ダンディなオジサマが出迎えてくださいました。

 

 

仕事で東京に来て、その帰りとのこと。

元々はるばる遠出頂いた中、その時間を幾らか頂けて、本当に嬉しかったし、楽しかったです。

 

相談にも色々乗って頂きました。

  • ブログのこと
  • 働き方のこと
  • 人生談 など

 

ぼく、結構な構って貰いたがり屋なんです。

なのに、最後まで色々と話に付き合ってくださって。

 

サキさん、ホンマええ人です。

(超大事なので大文字です。)

 

だけどさ、一番何が嬉しかったかって?

「会いたい」と伝えただけなのに、サキさんに会えたことが一番嬉しかった。

(ちなみに、その連絡がほぼ一方的だったこと、併せてお詫び申し上げます)

 

金ありきの関係だと、ここまで素直なことが出来ない、ような気がする。

 

元々ぼくのプライベート飲み会って、何かしらのブログサロンにちなんでのことでした。

そんな飲み会も当然といえば当然だけど、

  • 成果を出した人がもてはやされ、じぶんはあくまで「参加者」なので下っぱ同然
  • サロンの用事じゃないと、誰かと飲みたくても人が集まらない
  • 月会費なくして友人が作れない

という具合で。

ブログの集まりだからだけど、売り上げやブログテクニックの話しかしない。

終始意識高い系の話で終わり、「友達になりましょう」って言葉は一言も通らない。

 

何より。

サロンの場合、金がなきゃ友人が作れない。

別にサロンの当然な性質を否定しようと思わないけど。

金にこだわらない友人の1人や2人、人として語り合えるように作っておきたいものである。

 

金関係なく、心から飲める仲。

ビジネスパートナー云々で関わられるより、そっちのほうが心がすごく安らぐ気がする。 

 

ぼくだって、ブロガー以前に人間だ。

社交辞令で関わられるより、人としての注意を受けつつ褒められたい。

 

(まぁ、「意識高い考え方より、生活の送り方や実績の話を聞きたい」というぼくのひねくれもあるけど)

 

そんな戯言を、仕事終わりにボケた脳みそで書いた次第でした。

 

追伸:サキさん、ありがとうございました&ごちそうさまでした。

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。