マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

入社を後悔した社会人が1番押さえたい、180度人生を変える方法

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20180728163654p:plain
f:id:dashchan8318:20180107112000j:plain
だちまえ

おいっす。だちまえ(@dashchan8318)です。

ぼく、もともとメーカーに勤務してました。

メーカーが一番向いてないってことを、入社した後で気付きました。

こういう後悔って、人生必ずあるものだと思ってます。

 

こんな感じで、

『今務めた会社で本当に良かったのか』

と、後悔したことはありませんか?

 

  • 入ったらパワハラを受けまくっている
  • 給与や待遇が説明と違っている
  • やりたいことではないから長続きしない

こういう新入社員の悩み、必ずあるものだと思ってます。

 

とはいえ、サラリーマンの定年は現在、70歳になるのではないかと言われています。

仮に副業もうまくいかず、頑張れない会社で70年、生き延びる自信はありますか?

 

そんなわけで今回は、『入社を後悔してからの人生切り替え論』を語ろうと思います。

主には「本当にやりたかったことの見つけ方」を語りますが。

根気さえあれば、人生切り替えることは全然できるんですよ。

 

その証拠に、元メーカー勤務だったぼくは現在、大学の学部、過去の職業に全く関係ない編集職に就いています。

お陰で今は、自由に学びたいことを学べるようになったほどです。

 

そんな方法、知りたくありませんか?

というわけで、さっそく紹介していきましょう!

 

なぜ入社の後悔は起きるのか

まず、なぜ入社した後の公開が起きるのか、自論を説明しようと思います。

コチラは引用ですが、入社した6割の新入社員は『入社を後悔』しているそうです。

news.nicovideo.jp

 

入社を後悔?

そりゃあ誰もがするものです。

なのでいったんご安心を。

 

入社の後悔の理由は、一言でいえば『業界・会社の下調べ不足』。

  • パワハラが多いかどうか
  • 給料・待遇が説明通りかどうか
  • 会社の売り上げが安定しているかどうか
  • その他黒いウワサはないか

…なのですが、今の学生が100%コレを出来てるなんてあり得ない。

学生の本文は学業。社会人の本文は仕事。

学生と社会人とでは、学んでることが違うんですよ。

バイトでじゃ、学びきれません。

 

そんなわけで、後悔したなら学びなおすしかない。

出身大学や学部も関係なく。

自力で学んでいくしかないわけです。

 

後悔した後の人生の切り替え方

上の内容を踏まえ、

『じゃあ人生ってどう切り替えるんだよ!』

を説明していきます。

 

ただし、注意点がひとつ。

今回の方法が基本独学です。

学校に行けるわけじゃなし、じぶんで学んでいくのです。

ですが、これができれば半永久的に生き方を変えていけると思います。

結構役に立つので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.いちから業界研究する(ゴールを決める)

まず人生を切り替えるとき、

何より先にゴールを決める必要があります。

 

子供のころ憧れた職業。

諦めきれない趣味。

実現したい夢。

なんだっていいです。

 

そんな想いをネット検索にかけ、

『その夢を叶えるために習得すべきこと』

を明確にしましょう。

 

この時点で転職するとかいう話ではなく、

企業の採用条件に書かれていることは大いに参考になるはずです。

(例:『キャラクターのイラストレーター』と調べ、転職サイトを漁れば、「photoshopを扱えたり、実務経験を1年以上積んできてくださいね」的なことがビッチリ書いてある。)

 

夢をかなえるために必要なことは、この2つ。

  1. ゴールを決めること(例:家具を用意したい)
  2. ゴールまでの過程を知ること(例:自作する、もしくは買う)

 ここで明確にすると、じぶんが本当にしたかった仕事が分かります。

 

 

2.プライベートで勉強・アウトプット

次に、ここからが根気パートです。

1年間くらい、ゴールに向かってひたすら勉強しまくります。

(※ただし、仕事は決して辞めないこと。300万以上の貯金が無ければ、すぐに生活できなくなります。途中で飽きても、そう簡単にやり直せません)

なぜか。それはぼくらが無知の素人同然だから。

現役の人に追いつくところから、人生の切り替えは始まります。

 

今回のゴールは大きく見るなら、入社を後悔しないこと。

つまり、じぶんの興味のある分野で活躍できるようになることです。

 

これを叶えるには、

などの方法がありますが、結局仕事をするにもスキルが無いと始まらないんですよ。

 

例えば僕の場合、ブログを1年や2年続け、個人で仕事を請け負ったりしてました。

個人で仕事を請け負える(=依頼が来る)レベルになることを、当面のゴールにしてもいいでしょう。

仕事の実績とスキルの提示ができれば、履歴書に書ける、大きな実績になるはずです。

 

もちろん、副業がまだ嫌な目で見られる時代ですが。

人に見てもらいたいからと、ブログや動画サイトに実績を後悔していくのもいいでしょう。

SNS等に公開することで、応援メッセージを受け取りやすくなったり、頑張っている分野の人との交流を生むきっかけになるかもしれません。

 

ぼくなんかは2年くらいブログを続けたおかげで、1万円程度が毎月不労所得になってきました。

頑張って意味のあることを続けるのって、本当に意味があるんですよ。

 

3.転職したり、個人で業務を請け負う

上の話と若干かぶりますが。

1年や2年頑張って実績を作ったら、あとは転職、もしくはフリーランス活動するだけです。

もっとも、素人フリーランスは自力で仕事を探すしかない。

『営業なんてヤダ!』という人は、転職のほうがよっぽどハードルが低いです。

(副業としてフリーランス業務を請け負うこともできますしね)

 

一応、人に認められる実績を持っているなら、転職も難しくありません。

大手は難しいでしょうが、中小企業への応募なら、雇ってくれる企業は必ずあるはずです。

この際、学生当時の記憶を思い出し、面接にはキチンと挑めるようにしましょう。

 

ここまでやって、別業界への転職が終わったなら、人生の切り替えも完了しているはずです。

 

まとめ

というわけで、人生の切り替え方法でした。

ここで大事なのは、

  • ゴールを決めて
  • 根気よく頑張り
  • 実績を作ること

この3つです。

時間はかかりますが、未経験から頑張る以上、これが最短になると思います。

人生に後悔はつきものです。だからこそ、「後悔を取り除くには何ができるか」を常に考えましょう!

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。