マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【有力】足が臭う?素人でも出来る社会人の足臭い対策3つ!

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20180825214307p:plain

おいっす、だちまえです。

皆さん、『足、臭くない?』と注意されたことありますか?

 

ぼくも「運動した後の靴で仕事へ行った」せいで、

足が臭くなっていたことがあります。

『臭う臭わないって関係ないでしょ!』と思いたいですが、

足の臭いって、人からの印象に結構響くんですよね。

 

会社によっては、印象で上下関係も変わる会社もあります。

「不衛生だから」という理由で、同僚の方々に嫌われたいですか?

そんなことは絶対にないと思います。

 

そんなわけで今回は、ぼくが実践してきた足の臭い対策をお送りします!

 

 

臭いの原因は『靴、靴下、汗』の3つ

というわけで、足が臭くなる『理由』から、

お送りしようと思います。

 

ぼくが思うに、足の臭いは、

  1. 靴下
  2. 汗 

の3つから来ていると考えています。

「人は靴をはくから足が臭くなる」というイメージです。

 

カニズムとしては、

  1. 靴下、靴をはいた足が汗を流す
  2. 汗が靴や靴下に染み込む
  3. 染み込んだ汗から(体温のせいで)臭い菌が繁殖
  4. 臭くなる

という感じ。

部屋の中を素足で歩いても、

臭くならないでしょ?

 

 

そんなわけで、

『足から臭いを消すには汗をかいた靴をはくな!』

というわけです。

 

それでは、はかないことを軸に、

足を臭くしない方法を、いくつかお送りします。

 

足臭い対策にできること3つ

というわけで、いかに臭いを消すかをお送りします。

 

1.靴は干す。靴下は変える

これは小学生の頃にやっていた人も多いはずですが。

靴は1週間経ったら干しましょう。

1日はいた靴下の使いまわしはやめましょう。

という感じです。

 

これもベースのベースですが、

  • 太陽の下で干せば、菌がほとんど消滅する
  • 靴下に汗が染み込んでも、早めに洗濯すれば臭いが落ちる

という感じに、臭いのおおもと、汗や菌を取り払えるのです。

最も、汗も菌も、完全に取り払うことは難しいですが。

 

社会人になってずぼらになりがちですが、

臭いを消すためにも、以下のことを習慣づけましょう。

  • 1週間使った靴は太陽の下で干す。外出はほかの靴で
  • 靴下はキチンと洗濯する。ほかの服同様、貯め置きはしない

 

2.用途で靴を使い分ける

ここからはぼくがやっていること。

会社に行かない時は、別の靴を使う。

これだけで、靴に付く汗の量が変わります。

単純に、使ってないからですが。

 

これに加えて、

  • 仕事用の靴
  • 運動用の靴
  • 私生活の靴
  • サンダル

など、用途を分けて使うだけで、

汗の量も分散されるのです。

 

むしろ、上でも書いたように。

靴の定期的な日干しは必要です。

休日も同じ革靴をはいている、というサラリーマンがいないと思いますが。

せめて2足は用意し、時間別で使い分けるよう心がけましょう。

 

3.とりあえず人前で靴を脱がない

会社の中で、たまにサンダルに履き替えて仕事をする人もいると思います。

そんなとき、普段足の汗がすごい人は、靴を脱がないようにしましょう。

 

先にも書いたように、靴をはくから人の足は臭くなります。

足の入った靴とは、臭い菌のパラダイスなのですよ。

 

そんなパラダイスから足を引き抜けば、

当然臭いが円満。

それならまだ、足を靴から出さないほうが賢明です。

 

ぼくも運動した後仕事をしていたら、

汗が靴や靴下に染み込んで臭くなったということがありました。

なるべく、汗をかきまくった日は足を靴に納めておきましょう。

 

まとめ

というわけで、足臭い対策でした。

今すぐできる、ということで、道具を使った方法は書きませんでしたが。

大事なのはやっぱり『干すこと』。

面倒でも、その靴を使わないなら、お日様にさらしておくといいですね。

 

では! 

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。