マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

ストレスによる吐き気を軽くする、自宅で行えるたった1つの対処

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20180908201046p:plain
f:id:dashchan8318:20180107112000j:plain
だちまえ

おいっす。だちまえ(@dashchan8318)です。

昔、過剰注意な上司のせいで、

メンタルを1年間へし折られたことがあります。

 

 

パワハラを教育と呼ぶクソ上司のもと、

スキル不足が原因で、毎日のように怒鳴られて。

 

その上司が転職するまで、ほぼ毎日、吐き気と風邪に悩まされました。

 

これを読んでいるあなたにも同じことがあったかもしれません。

あの胸の圧迫感、本当にキツいですよね。

 

1年間くらい我慢したので、ぼくにもよくわかります。

 

そんな方に向けて今回は、

『ストレスによる吐き気を軽くする方法』を、

我流ですが、お送りしようと思います。

 

不安や嫌なことを思い出すたびに、具合が悪くなって。

でも、そんな吐き気も、一時的になら処置できるのです。

 

そんな方法があるとしたら、知りたくはありませんか?

というわけで、元パワハラ経験者が、さっそくお送りします。

 

話を始める前に

この話を始める前に、ぼくのちょっとした反省話から。

もともとぼくもパワハラに悩まされました。

が、3年経って思うのは、『じぶんがポンコツだから怒られたんだ』ということ。

  • 仕事の手際が悪かった
  • 不注意ミスが多かった
  • 用もなく席を外している場面が多かった※

※これは精神的に席に座れなかったことが原因ですが

 

これを何も知らない人が見ると、

『コイツ使えないんだな』

と、やっぱり思うだろうなって。

 

パワハラの多くは人から受ける注意が原因ですが。

相手の話を聞くだけでも、注意が減ることもあるのです。

 

ミスを減らすには、注意することを覚える。

そうすれば注意も減り、ストレスも減る。

不安に思うことだって、

『ではどうすればいいか』と考えれば、

手段は少しずつ増えるはず。

 

『ストレスを減らすための努力』も必要なんだと、

覚えていただけると幸いです。

 

そんな、新社会人に向けたメッセージを最初に手短に。

 

『考えないこと』が最優先

では、さっそく参りましょう。

ストレスによる吐き気を軽くするには、

『考えないこと』が最優先です。

 

ぼくが感じた吐き気の原因は、

こんな感じ。

  1. トラブルを対処できない
  2. 不安や怒りが毎日続く
  3. 体が現実への拒絶反応を起こし始める
  4. 「会社・学校へ行きたくない」と、風邪や吐き気を起こす

その根拠に、テレビゲームをしてたり、

休日になると、会社のことを考えないから症状が軽くなるのです。

 

ただし、娯楽や趣味への現実逃避は、

一時的な軽減にしかならない。

人生とは、来る日も来る日も続くのですから。

ぼくらだって、生きねばならない。

 

そんなわけで、本気で症状を軽くするにはコレ!

というのを次にお送りします。

 

ストレスによる吐き気の対処方法は『寝ること』

ストレスを和らげるには『忘れる』こと。

『物忘れ』を効率的にするには、

『寝る』が一番手っ取り早いです。

 

 

人の脳って、寝ている間は思考停止するんですよ。

(よっぽど脳にすり付いた記憶は、夢に出てくる可能性はありますが)

パワハラで休暇を取るよう勧められる人もいますが。

あれは『会社から距離を置く』ために行うものです。

 

実際にぼくも、嫌なことがあったらまず寝てます。

すると、脳が考えなくなるので、その間は体も拒絶反応を起こさない。

なので、風邪も吐き気も軽くなります。

 

ただし、会社では寝れません。

というわけで、

吐き気が起きたら素直に休みを貰いましょう。

 

そのうえで、もし、

  • 休暇が受理されない
  • 『サボるのか?』と言われる

となった場合、それは会社にガチで問題があると思います。

そんな時は本気で転職を考えましょう。

もしくは社長や人事へ密告という、

ささやかな復讐もありかもです。

 

まとめ

というわけで、ストレスによる吐き気を軽くする手段でした。

ストレスって、本気で生活に支障をきたすものです。

  • 体が起きることを拒否したがる
  • どうしても物事に集中できない
  • 同僚や友人との協力ができない など。

もしストレスを抱えたまま仕事をすると、

ミスや態度が表面に出てしまい、

ほかの人の目に触れます。

 

すると、半年もする頃には、

悪印象のほうが広まっているかもしれません。

ぼくがそのケースでした。

(で、クビにされました。)

 

ストレスが酷いようなら、まずは寝てみましょう。

そして、それが会社の状況や、じぶんの方向性の違いによるものなら。

早め早めに、環境を変えることをお勧めします。

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。