マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【おめでた】社会復帰してから、一年が経ちました。

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

うぃっす、だちまえです。
このたび、社会復帰してから一年が経ちました。
誠にありがとうございます。

 

「こんな会社に務めるより好きに生きたい」とかってに会社を辞めて。
その半年後にバイト地獄に陥り、もう一度頑張ろうと再就職してから早1年。

 

別に祝ってくれる人なんて
誰もいないんですけどね(;'∀')

彼女くらい作りたかったな~

 

そんなわけで、はんば適当に語る日記ですが。

ここ1年で思ったことを、手短にまとめられればと。

20代はじぶんの生き方に芯を持て

この1年で思ったこと。

それはやっぱり、
20代は自分のことを理解して芯を持て
ということですかね。

今は昔に試そうと思わなかった、

なども自主的に行うようになり、
そこそこ満足した人生を送っています。

それも、お金が無くても、です。

お金を欲しくても、使い道が無いなら
『稼ぐ方法教えるよ~』ってのに誘惑されるのが
オチですよ。

 

20代は、世間知らず。
より大人の人間が変な知識を与えるに格好のターゲットというわけです。

 

まあ、そんな話を片隅に置いてもですが。

じぶんが何をしたいかは20代に見つけるべし。
本当に思っていることです。

ぼくだって、好きな仕事嫌いな業務はありますし。
だからと言って、そこから逃げれば生活が出来なくなる。

では、SNSであえて炎上し、人気者になっているかのようにほかの20代を誘惑するか?
それも良い人には良いのでしょうが、「他人を変な道に導きたくない」と思ってるぼくには選べない道です。

 

だから、そういう生き方を元に、人生を選ぶ。

転職がまだ許されるとされる20代だから、
じぶんがしたいことを見極めるべきだと本当に思ってます。

ぼくだったら、

  • 危険な現場作業はイヤ
  • クリエイティブな仕事がしたい
  • なるべくダメ出しされたくない

というわがままが多かったので、そういう仕事のできる会社を見つけるしか無かった、というのが大きかったです。

お陰で、他人に胸を張れる人生を送れています。

ホント、今の人生を送れているのは、いろんな人のお陰だというのを本当に感じるようになりました

 

世界というのは、厳しいものです。

ですが、それを受け入れ、『そこでじぶんが何が出来るか』を見極めることのできた、この1年間だったと思います。

 

今はブログと動画編集、モデリングと色々並行してるのでテンヤワンヤですが。

次の1年も、頑張っていこうと思います。

 

という、日記でした。

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。