マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

『自由になりたい20代』が目指すのはホームレス?

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20181209232516p:plain

ういっすー、ゲームのやりすぎで寝不足生活を送るだちまえです。

夜更かしやめましょう。

頭痛が頻繁に起きます。

 

ちょっと今回は、

『20代で自由になりたい』って喋る人増えたなー

と思ったことについて。

 

ぼくもかつては『自由になりたい』論を
ブログで語ってた側ですが、いろいろ考えなおして辞めました。

(※27歳の時に会社がつまらなくて半年で辞めた経験アリ)

 

今思うのは何か?

一定の所得無いヤツが自由語るなや

みたいな。

お金を自由に使えない人が、
意識高いことだけをアピールするの、
どうなんだろうって。 

 

そんなプチプチ程度のフラストレーションを
久々に書き出そうかなと思います。

自由なんて金で買うもの

 

ぼくは基本的に、物事をゴールから考えるタイプです。

なので、過程がズタボロなことも多いですが、ゴールから過程を組めるか逆算すれば、そのゴールが実現可能か大体見極められるようになりました。

 

上の『自由になりたい』のケースだってそう。

 

20代の『自由になりたい』は基本的に、「今の私生活を維持したまま会社業務を破棄したい」なんですよ。

ってことは、サラリーマン時代と同じ給料を稼げなければ維持できない。

 

さて、これがぺーぺーの素人に出来るのか?

まず無理。

理由はコチラ。

  • 稼ぎを出す前に貯金が底をつく(維持できて6ヶ月。貯金の量にもよる)
  • 稼ぐ術がない(フリーランスが仕事を貰えるのは、実績を認められてから)
  • バイトをしても過酷なものが多く、時間に対する収入のバランスが時間に傾く(稼ぎが良いものでも、1日10時間働いてやっと1万円)
  • 税金支払いの支援がない(住民税の支払いはガチでキツイ)

 

こんな感じなので、一日ゲームして過ごしてると必然的にお金は消える、と言うことです。

働かざる者食うべからず。

 

まぁ、唯一『一日中寝たまま生活する方法』はあるんですよ。

山奥で野生児になるって言う方法なんですけどね

 

たとえ会社を辞めようががんばろうが、

ぼくらが自由な時間を作れてるのはお金のおかげ。

働きたくないけど自由になりたい人は、原始人生活に逆戻りするしか、今の日本では実現する方法が無いんじゃないでしょうか?

 

もしくは、海外のそういう土地に移住するかです。

『日本の考えが古い』と考える輩には、
ぜひ海外で新しい考えを“証明”してほしく思います。

 

そんなことを自負して生きるこの頃です。

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。