マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【blender】手のモデリングってなかなか面倒ですな

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20181212000412p:plain

うぃっす、だちまえです。

3体目のモデル作成が、fallout76への情熱により延期していた状況がやっと終わりました。

まぁ、なにが言いたいかって、そこそこ作成順調ってことです。

f:id:dashchan8318:20181212000721p:plain

ポリゴン数が若干多いのが、データ処理の遅延に繋がらないか不安ではありますが。

大元となる体の、肩と手以外はほぼほぼ完成。

 

ただね、

手を作るのが大変なのですよ。

 

その理由というのが、こんなところ。

  • 元画像があっても、指が重なっているので重なってる場所をうまくトレースできない。
  • 指そのものが体に比べて細かいので、キチンと仕上げないと形が崩れやすい。
  • メッシュの貼り方を工夫しないと無理やり仕上がることに→ウェイト付け時に影響します。

記事の冒頭でも挙げた画像が、現在のモデルの手です。

こちらは元となる画像をトレースして作っていますが、それでも手をキチンと作ることから今まで逃げていたため、そこまでうまくは出来てません(汗)

 

今までこんなトラブルに悩んでいたため、

あえてロボットハンドやモンスターの手にすることで避けてきました。

が、今回はキチンと練習しようということで、キチンと取り組んでいます。

 

まぁ、トレース元があってもうまくは出来ないかもですが、

  1. 写真やアニメの手をよく観察する
  2. とにかくトレース元を活かして練習
  3. トレース元をキチンと探して用意

というのが、手をうまく作れるようになる一番の近道だと思います。

 

さて、話は変わりますが。

ジョジョ吉良吉影じゃないけどさ。

キレイな手って、素敵やん?

 

ということで、進捗を報告するとともに、

キチンと仕上げようと活き込んだ今日の日記記事でした。

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。