マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【blender】3Dキャラクターのキレイな胸の谷間作り方

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20181215143719p:plain

f:id:dashchan8318:20180107112000j:plain
だちまえ

おいっす。だちまえ(@dashchan8318)です。

今回は、3Dモデルの胸の作り方をいろいろ調べてみました。

いや、なんでって、

男性のあこがれでしょ。

…という個人の価値観はさておき。
体のパーツが理想に近づくほど、違和感が消え、キャラクターに対する愛着が増えると思っているんですよね。

※3Dモデル精度向上の意図の下、性的なものに走ってはいないのでご了承ください。 

 

そんな試行錯誤の末、ひとまず及第点にたどり着いたので、
その成果を記事にまとめてみました。

3Dモデルの胸の作り方をまとめてみた

www.youtube.com

こちらは『衣服の隙間から肌が見える』という前提で、

  • 胸の谷間の形状をハッキリ形作る
  • 違和感が無いような胸の形にする

という目的のために頑張ってみたものです。

 

で、その過程で学んだのは、

  1. 胸の幅は、脇から脇の幅より広い
  2. 谷間はとにかく詰める
  3. いろんな角度から見て違和感が無いか確認する

という3点を守ることでした。
例えば、バレーボールを2つ並べればいいかって問題でも無いんですよ。
人体って本当に難しいんだと、勉強しているこの頃です。

 

ちなみにこの手法、お尻を作る時にも有効なので、
ぜひ試してみてください。
(特にお尻の谷を作るところ)

 

もちろん、

  • 垂れた胸を表現する場合、谷間は不要。
  • 衣服から胸部分出ない場合、素肌の形状にこだわらなくて済む

というケースバイケースの話もあるので、作るモデル次第で条件が変わる、というのは大前提でしょう。

 

というわけで、女性3Dキャラクターの胸の作り方でした。

皆さんのお役に立てれば幸いです。

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。