マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【初心者】1番良いTwitterの使い方って何?を徹底解説!

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20181006193035p:plain
f:id:dashchan8318:20180107112000j:plain
だちまえ

おいっす。だちまえ(@dashchan8318)です。

この記事を書く直前、
600人ほど居たTwitterアカウントを削除しました。

急なことで申し訳ありません。

 

が、

フォロワーの数の話しか出てこない
タイムラインに飽きました。

一斉削除なんて野暮な話は嫌だったので。

アカウントごと削除したわけです。

 

Twitterって、こんなイメージあると思います。

  • フォロワー数増やすことがゴール
  • インフルエンサーを追いかけるためのツール
  • みんなに活動を知ってもらうためのツール

部分的に本当なことがあってもですよ?

Twitterは人気になることがゴールでは無いからね?

 

使い始めた人は、

Twitterってどう使えばいいの?」

と思うかもですし。

 

慣れている人は、

Twitterのフォロワーが全然伸びない…」

と、悩むかもしれません。

 

そんな方々に向けて、

こう使えばいいのでは?

というのを提案していこうと思います。

 

では早速、参りましょう!

Twitterを言葉から概念を学ぶ

そもそも“Twitter”って何だろう?
というところから始めると。

 

Twitterとは、『つぶやき』のことです。
「そんなの知ってるよ!」?
ちょっとまずは話に付き合ってください。

『つぶやき』と言われて何を考えるか

『つぶやき』と言われて、
皆さん何をつぶやきます?

  • 最近の不満
  • 不満解消にしたいこと
  • 直近のスケジュール など

Twitterとは、色んなつぶやきの集合体。

活動の宣伝ツールではなく、

『この人〇〇してるよ~』

みたいなもんなんですよ。

 

なぜ『Twitter=炎上』が定着したか

日本人って、けっこう批判大好き。

だから『こんな不満がある』とつぶやけば、

たちまち共感を呼んで、炎上に繋がる、みたいな。

 

Twitterを拡散ツールとして認知された背景には、

そんな理由があると思っています。

(推測の域を出ませんが)

 

Twitterを100%有効活用するための仮説

では、『Twitter=炎上!』という拡大解釈を一回忘れて。

もっと健全に使えれば、Twitterも100%有効利用できるのでは?

の仮説を元に、Twitterの使い方を紹介します。

 

健全なTwitterの使い方

2年くらいTwitterを使い、

ぼくはこんな感じでTwitterを使うようにしてます。

  1. じぶんのメモ帳として使う
  2. 必要な情報を集める
  3. メモ帳を外部に公開する

目的は、『Twitterを情報収集ツールとして使う』こと。

みんなの呟きを眺め、
“じぶんの必要な”情報を集めることがゴールです。

 

1. じぶんのメモ帳として使う

まず、Twitterをじぶんのメモ帳として使うことを考えました。

マジなスケジュール管理はスマホ等で済ませるとして(情報漏洩になるのは嫌なので)、ネットのURLの履歴をメモるために使ってます。

 

例えば最近、3Dモデルの勉強にはまってます。
基本独学なので、何か参考資料が必要ですが。

 

というわけで、暇な時間に調べたサイトを、メモ帳代わりにツイートしてます。

こんな感じです。

 

こうするだけで、
後でじぶんでチェックできます。

 

2. 必要な情報を集める

Twitterには、フォローという機能があります。

気になった相手の投稿を追うための機能ですね。

フォローした相手のツイートは、
タイムラインに表示されます。

 

で、フォローってこんな良いことがあるんです。

  • 好きな情報発信者を選んで応援できる
  • 複数人同時にチェックできる

つまり、タイムラインに、じぶんの必要な情報をまとめることができる。

ということ。

 

何が言いたいか。

本当にフォローしたい人をフォローしましょう。

そうすれば、勉強したいことでも、猫の動画ばっかりでも、勝手に集まるようになるので。

 

対して、『相互フォロー』をしまくると、
タイムラインの情報が色々ありすぎて混乱します。

ぼくの場合、相互フォロワーさんにフォロワー数を気にする人が多すぎて、タイムラインが大体その話ばっかりになりました。
結果、アカウントをひとつ消去。

理に適えばとにかく、あまりおすすめしなくなったこの頃です。

 

3. メモ帳を外部に公開する

で、

  1. じぶんのメモ帳として使う
  2. 必要な情報を集める

を踏まえたうえで。

Twitterを使えば、他人にじぶんのことを知ってもらえます。

ただし、1と2を踏まえた後で、という前提です。

 

『活動を知ってもらう』なんて喋ると、こんなことを将来的にしたくなると思います。

  • 人気を上げるため
  • 仕事を増やすため
  • フォロワー数をステータスにするため

まあ、これが愚策なのですが。

デジタルタトゥーとも言いますが、ネットに書き込まれた話は将来ずっと残ります。

私利私欲のために事件を起こせば。

スクショを取られ、誰かに一生晒されることでしょう。

 

そういうこと、ぼくは嫌いです。

というわけで、

『認知度を上げる』のではなくて。
『メモ帳を目にしてもらう』という感覚で、
Twitterを頂きたく思います。

じぶんの広告が街中で目にして貰えればいいな、くらいな。
そんな感覚です。

 

ぼくの現在のTwitterも、

  • 呟き
  • メモ
  • 作ったもの(ブログ記事含む)

を公開している程度で、じぶんから閲覧されることを求めることは無いでしょう。
運よく評価されれば良いな、くらいです。


だって、下手に媚び売って炎上すればどうなるか?
それこそ、デジタルタトゥーですよ。

 

ダメなTwitterの使い方

さて、では今度は逆に、
これ絶対したらダメだよね
という話をまとめていきます。

 

大体察しがつくと思うので、
ここはザックリ行きますが。

これは絶対やったらダメです。

  1. 炎上行為
  2. ねだり行為
  3. ストーキング

ネットって、情報収集がしやすくなる反面、
じぶんの愚行がバレる恐れがあるんですよ。

その履歴として管理されるのが、Twitter

 

炎上を起こせば世間に批判され、
人にねだれば世間に呆れられ、
人に付きまとえば危険視される。

こんな人たちが最終的にどうなったか。

それは、言わずもがなでしょう。

 

人間全員、完ぺきではないです。
でも、じぶんから晒そうとするほど、愚かなことは無いでしょう。

 

まとめ

というわけで、Twitterの使い方でした。

最初こそは使いづらくても、
そのうち感覚はつかめるはずです。

というわけで、一番いいTwitterの使い方を考えてみました!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。